Life is ・・・?


東京では、一足早く桜の開花宣言が・・・

なんだかソワソワして参ります



ソワソワと言えば、多数の新作映画の封切も間近、、、

近年、欧米のみならず我が国でも、戦前の時代を扱ったキネマが増加しております

郷愁を求める風潮が、世の中の空気感に漂っているのでせふか



☆  ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆



”ロマンティックコメディーの帝王” ウディ・アレンも、時代ものを多数輩出したひとり・・・

次回作『Cafe Society』も、1930年代ハリウッドの黄金期をベースにしたもので、

シャネルが衣装協力したことでも話題をさらっております


・・・・・・・『Cafe Society』・・・・・・・ 公式HPより
98d37af01443abefece5535a3f4a7ec0_512.jpg




ウディが1920~40年代ものを得意とするのは、彼の生い立ちに深く起因するようで・・・


ナチスドイツの迫害から逃れてきたユダヤ系親類との賑やかで奇妙な共同生活を送った幼少期、

生粋のニューヨーカーなれど、血筋ゆえどこか俯瞰の眼差しから見つめた夢の国:アメリカ・・・

ユダヤ人差別とそれに由来するコンプレックスや自己意識が、喜劇の中に織り込まれているやふ


本国アメリカより他国で評価が高いにも関わらず、有名俳優女優がこぞって出演を熱望する・・・

ハッピーエンドが全てではない、そんな作風にもシュールな彼の人生観が滲み出ています



『カイロの紫の薔薇』はじめ『ブロードウェイと銃弾』『ラジオ・デイズ』『ギター弾きの恋』『マジック・イン・ムーンライト』
ウディの思春期を彩った、戦前のゴールデン・エイジの表と裏を扱うキネマは数知れず・・・

015-the-purple-rose-of-cairo-theredlist_512.jpg

51960df16sweet-and-lowdown_512.jpg




『華麗なるギャッツビー』 『愛の嵐』 『ゴッド・ファーザー』 『俺達に明日はない』 、、、

ウディ作品以外にも、ジャズエイジやギャング、ナチスドイツをモチーフにしたキネマ群が

続々と公開された1970~80年代、アールデコ期のリバイバルムウドは最高潮に達します

時まさにヴェトナム戦争只中の混迷期・・・ 暗い世相であったジャズエイジと重ねてか、

そのうねりは当時のモオドに即反映され・・・20~30年代風シルエットが巷を席巻しました



今宵は、そんなリバイバルムウブメントに沸いた頃の熱気が伝わるやふなドレスを・・・

アールデコの当時ものには手が出ないし、扱いが難しそう・・・といった方にもどうぞ!



P3220039_512.jpg
縮緬レイヨン地の小花柄は、どことなくジャポニスムも感じさせて・・・
二段ラッフル袖にローウエストV切替え等、1930年代初期の空気感が再現されています
小花柄ローウエストドレスの詳細はコチラ・・・



P3220022_512.jpg
ふわりと風はらむケープ襟が特徴的、Cacharelの1970年代もの
バイアスカットにバルーン袖・・・流線型のエレガントなシルエットは現代でも色褪せず
Cacharelケープ襟ドレスの詳細はコチラ・・・





「Life is ・・・」といった台詞は、キネマの中でよく用いられます

その一言には、監督の死生観が込められているからでせふ

有名なものは、ライザ・ミネリが『キャバレー(1972)』劇中で唄った「Life is a cabalet」、でせふか

また、次回作でウディは主人公に「人生はコメディーみたいなもんだ」と言わせるとか・・・



さて、アナタにとって 人生とは、、、???


6a00d83435374b53ef0120a5fde633970b-800wi.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

夢想家たれ



春眠暁を覚えず、と申しますが・・・

春は何故に こうも布団が恋しいのか、、、




こんな時節、ついと耳に残る唄がありまして、”卒業”といふ歌詞ではないけれど、

幸せなのに物悲しい といった漠然たる不安が、春の気分と重なるやふです



共に暮らし始めた夢想家の青年と皆の憧れの女性、二人の現実生活の先に待っているものは・・・?
青年の心象風景ともとれる、パステルの背景に彩られた人生のいちペエジ






昨年より入学した美容学校でも、そろそろ周りは卒業の頃、、、


一見すると華やかな化粧の世界とは無縁のやふな、物静かな学生さんが

ひとたび筆握れば 度肝を抜かれるやふなシュールな作品を生み出したり、と

若者の秘めたる原石に日々学ぶこと多し、倍ほど生きれど下級生のわたくし




自由なカリキュラムの校風ゆへ、巣立つ日は各々異なれど、

卒業までに一度や二度は困難にぶつかり、涙をみせることも間々あります


興味のなき学問等は出来なくともへいちゃらだけど、

好きなことが上手く表現出来ないのは 悔しくて自分が許せなくて、、、


そんな彼ら彼女らの姿は、かつての古着屋修行時代の自分と重なり

”夢想家”と呼ぶ人もいようが、がむしゃらに走っていた頃を思い出させます



さて、今宵は 芽吹く若葉を目前に・・・

卒業や入学式に謝恩会といった、ハレの場にも映えるドレスとバッグのご紹介


P3100011_512.jpg
1950年代を代表するモティーフのひとつ:リーフ柄の総刺繍地ドレス
黄金に色づいた葉っぱたちは成熟を予感させ、鈍い輝きを放つ
サテンロンググローブに金ビーズバッグが門出を華々しく彩ります
1950年代リーフ刺繍ドレスの詳細はコチラ・・・
アールデコ風総ビーズバッグの詳細はコチラ・・・




P3100016_512.jpg
こちらもリーフ刺繍ドレス、胸元に添うは葡萄の葉か・・・ 1960年代初期のもの
ビーズに模造真珠がちりばめられた淡いターコイズ地は、水面を思わせます
パステルのリーフ総ビーズバッグ、花束の代わりの薔薇ヘッドドレスを添えて
1960年代ビーズ刺繍ドレスの詳細はコチラ・・・




P3100028_512.jpg
何と言おうが、ワタシはとんがったのが好きなの・・・ そんな乙女に
1950年代頃のシルクカシュクールドレスは、誰かのために手作りされたもの
イタリア製藤ショルダーでグラムな馨りをまとい、卒業パーティへ!
1950年代変わりレオパードドレスの詳細はコチラ・・・








親世代より、厳しい未来が待っているとされるこのご時世、

若者よ、  いや・・・ 老若男女 ”夢想家”たれ!


卒業の日の、不安と希望色の澄んだ涙を 胸にとどめて生きたいもの



gallery_hero_a9ef5519-8b0b-4415-844b-f4df6826bbb5_512.jpg




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

偏愛、上等!


♪ 明かりをつけましょ、ぼんぼりに~・・・

桃の節句の今日、日本列島の各地で 唄われていることでありませふ



◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆



物心つくあたりか、わたくしは自分を男の子だと思っていた節があるやふです

幼馴染みに男児が多かったせいか、元気よく駆けずり回り・・・

マッシュルーム髪に半ズボン、時折男児に間違えられることもあったとのこと



思春期になるといつの間にか、スカートも履けばリボンも好みましたが、

やはり根ではどこか中世的でアンドロジナスな存在に惹かれるのか・・・


スクラップ帖には、”美少年が女装した”と思しきブロマイドが あふれんばかり
(もっとも、それは他人から指摘されて気付いた嗜好ですが、、、)



biba15.jpg



好みとは嘘のつけないもので 集めに集めた切り抜きに多少の違いはあれど、

レエスやリボンを纏っていても、目の周りは真っ黒だったり 唇が緑だったり・・・

あばらが浮き出るほど痩せた胸板がチュールから透けていたり・・・

やはりどこかに 毒々しさと未成熟さの同居するアンバランスな美、


そんな、壊れそうなものばかり集めてしまふ それがわたくしの”偏愛”



さて、今宵は 古きレエスの質感や透け感が絶妙なものたちを・・・

お好きな方はとことんお好きなハズ、 妄想が掻き立てられますナ



P3030011_512.jpg
1950年代、ハンドメイド丸襟ワンピースを模造真珠づくしで!
中心のだまし真珠ボタン、袖や裾のカットワーク刺繍が小粋
シャリ感あるオールドコットンに、スパン帽の妖しき瞬きがスパイス




P3030022_512.jpg
同じく1950年代、生成りレエスにスモーキーピンクがうぶなドレス
ボタンのこちらはバックライン、正面はスクエアネックの落差がニクイ
サテンロング手袋に仮面、華奢な体の線が引き立てる色香・・・





P2060012_320_20170303152249774.jpg
P2060007_512_20170303152248392.jpg
20世紀初頭頃、おそらく富裕層のティーガウンはえも言われぬ存在感!
全面刺繍に 袖口から縮緬シルクのひだが顔をのぞかせて・・・
ダウントン・アビー:ヴァイオレットお婆様位の気迫を持って着こなしたい
20世紀初頭レース羽織の詳細はコチラ・・・






デパートメントの地下で、数年前お見かけした 故:ムッシュかまやつ氏・・・
例のごとくニット帽を被り、周りも気にせず飄々と去ってゆかれました


「兎に角マニアックに 好きなことをつきつめて、自由にやったらいい」


閉塞感に満ち、物が溢れる時代だからこそ、氏の遺した言葉の如く、

”偏愛、上等!”だと・・・ 心より賛同する次第でアリマス




large_512_20170303152250ee8.jpg




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

ジャクリーンの軌跡


春一番が吹いた東日本、、、

芽吹く季節がまた、やって参りました





今春封切り、ナタリー・ポートマン主演映画『Jackie』でも話題沸騰・・・

今宵は、稀代のファーストレディ:ジャクリーン・ケネディ女史になぞらえて、

羽織りを主とした 春のカラーパレットをご紹介致しませふ


bc0e07c196b1e8f4de2b1a524c739c47_400.jpg

◆ジャクリーン・ケネディ・オナシス◆

1961年に米国大統領に就任したジョン・F・ケネディは若干43歳、
ファーストレディとなったその妻ジャクリーンもわずか31歳であった

就任2年10カ月で夫が暗殺され、失意のままホワイトハウスを去った彼女・・・

そして5年後、ギリシャの大富豪:オナシス氏と再婚し世界を驚かせた
オナシスとの死別後、ジャクリーンはニューヨークに移って編集者としての人生を歩む

大統領銃撃時に彼女が着ていた、ピンクのシャネルスーツにピルボックス帽の装いは
時代を象徴するファッションとして人々の記憶に残っている
(Wikipediaより一部抜粋)






学歴と気品があり、資産家令嬢でもあった彼女は 若きケネディの心を射止め、

母親から受け継いだ洗練された嗜みやセンスゆえ、国内外の女性たちを虜にします



良家の子女的装いがよしとされた最後の時代、、、

小麦色に焼けた肌に映える春カラー、チャーミングな笑顔で颯爽と着こなすスーツ、

前代未聞のお洒落なファーストレディは一躍、時代の”顔”となりました



P2140003_512.jpg
ジャッキーが幼き頃、母親の世代が着たであらふ1940年代頃のコート
丸みを帯びた襟や肩、折り返しの袖に等・・・戦後の巴里モードが満載
ハンドメイドの花柄ボウタイブラスが春風にたなびいて・・・・!
1940~50年代カスリコートの詳細はコチラ・・・




P2140022_320.jpg
P2140017_512.jpg
まさに彼女好み! クリームイエローのAライン膝丈ドレスに六分袖コートを
胸元のステッチが素晴らしいドレスは、フォーマルな場にも優しく映える
あえて季節を選ぶ短めの袖丈にグローブ・・・時代の遊び心やゆとりあり
1950年代ノーカラーコートの詳細はコチラ・・・
1960年代初めピンタックドレスの詳細はコチラ・・・




P2140013_320.jpg
P2140011_512.jpg
戦後フランスの丁寧なハンドメイド、計算された趣向がエレガントな2ピース
圧巻は、ワンピースと羽織りの重なる胸元の 複雑なる陰影の美しさ! 
ピルボックス(薬入れ)帽にクラッチ、ジャッキースマイルが浮かぶやふ
1950年代ハンドメイド2ピースの詳細はコチラ・・・




P2140026_512.jpg
オナシスと再婚後、地中海をのぞみ時にオリエンタルな装いをしたのでは?
1960年代末~の我が日本のお仕立て羽織り、元の持ち主は刺繍で”歌子”さん
焼けた肌にターバン、そんな装いもジャッキーならお手のものでせふ
1970年代頃ショルダーバッグの詳細はコチラ・・・






波乱万丈の人生を駆け抜けたジャクリーン、、、


”ファーストレディ”が決して大統領のお飾り人形ではないこと・・・

それを知らしめたのは 彼女の華やかな装いのみならず 

自らの人生を力強く舵取りする 新女性像を世に知らしめた事にこそあり


そう感じるご婦人方も少なからず、居られるのではないでせふか



Jackie-Kennedy-Onassis-Style-Pictures_512.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スモーキーな春



週末の吹雪のなか 凛と咲き誇る寒梅・・・

春はそう遠くはないやふです




デパートメントのお化粧品売り場では、花びらのやふな新作がずらり・・・

とはいへ、やはり目がいくのはダークでデカダンな好みの色合い



ご贔屓メーカーでは、ロンドン出身のメイクアップアーティスト:Diane Kendal監修、

彼女の深層に息付く、70年代のロンドンストリート文化:BIBAへのオマージュ商品が・・・


MAC.jpg



ルーツを匂わせる人やものに弱いのに加え、私的な趣味嗜好と近かったもので、

ここ最近はスモーキーアイのメタリックな目元をあれやこれや試行錯誤、

時に道行く人々の瞳を真ん丸くさせ お騒がせ?しております



1930年代を彩った女優たちになぞらえた、様々なスモーキーアイの指南・・・
BIBAは1970年代に巻き起こったアール・デコリバイバルの立役者でもありました

l_1e4acc648b1a473882dab5b69c630e9f_400.jpg



ここ数年、late 60's~70'sリバイバルがモードの主役に躍り出ておりますが、

目元をちょっぴりグリッターやラメのシャドウで囲んでみると、アラ 不思議・・・

退廃的なムウドが漂って、まとう空気まで斜がかかったやふにスモーキー


また、マットなグレーやブラックで囲み目をすれば 一気に1920年代へ時間旅行!



☆   ★   ☆   ★   ☆   ★



今宵は、クレイジーな時代:1970年代が産み落としたワンピースたちの登場・・・

混沌とした世相の当時、スモーキーアイからどんな景色が見えていたのでせふか



P2120045_512.jpg
クレイジー!なベルスリーブにハイウェストの絶妙バランスをご覧あれ・・・
70年代のストリートから生まれたのは、メッセージ色の強いユニークな文化
ベルスリーブワンピースの詳細はコチラ・・・




P2120004_512.jpg
当時のロンドンカルチャーの熱気が伝わる、耽美な面持ちのワンピース
どこかアール・ヌーヴォー的でもあって、ジャポニスムムウドに浸れます
英国製フレア袖ワンピースの詳細はコチラ・・・
イタリア製マガジンバッグの詳細はコチラ・・・






ココ最近、1980~90年代文化が若者達を熱狂させている模様、、、

お父様のお下がりのスタジャンをぶかっと嬉しそうに着る乙女も見かけます

時代は繰り返すもので、懐かいものが新しいものに・・・ 
昨日まで新鮮だったのが今日は古びて見えたりと、サイクルの早いご時世




世間の潮流と合おうが合わまいが、深層心理が勝手に偏愛するもの、、、


音楽でも、映画でも、モードでも・・・ 戸棚やたんすを見渡してみませふ

案外身近に、自分の”らしさ”があったりするから 脳は嘘をつけないようです



Biba-Makeup.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ