ドラスティックな世界


ジリジリと照りつける日差し、、、

嗚呼、手の届くそこまで夏はやってきております


◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆



年明けの春夏コレクシヨンで、興味深いニュースが目をひきました


「ウェディングドレスの女王」との異名を持ち、ターバン帽がトレードマーク・・・
と申せば 皆様お馴染みのデザイナー:桂由美さん でありますが、


「現代ファッションに友禅の美を」をテーマにパリコレを始めて6度目の今年、

テーマは な、な、ナント… 「若冲を着よう」!!

生誕300周年の昨年、未曽有のブームを呼んだ奇才:伊藤若冲から着想を得、
若冲作品を鑑賞するだけでなく、「着よう」と呼びかけることにしました、とのこと


1205-17_512.jpg


20091025180721847_512.jpg



”江戸奇才のひとり”と呼ばれ、近年急激に評価が高まった若冲・・・

「余白の美」や侘び・さび、といった日本の伝統的な美意識はどこへやら、
目一杯びっしりと描かれた猫や鶏図に度肝を抜かれた方も多いことでせふ


曼荼羅絵のやふに、毒々しくシュールな世界観は江戸に宇宙人が降り立ったやふ!

斬新な構図、緻密なのにどこか現実離れした画風は 時空を越え大衝撃を与えました



では、ドレスの女王が手がけた”若冲”は如何に・・・!?
お時間許す方は、大画面にてじっくりと ・・・めくるめく混沌世界をご覧下さい





いまや、正統派のウェディングデザイナーといった印象の強い桂由美さん・・・

和装で神前式が当然の1964年より、日本初のブライダルファッションデザイナーに、
その時点で 彼女も十分にトンだ感性や先見の明をお持ちだったのか否か


”ブライダルと言えば桂由美”、そんなバブル期を経、洋装結婚が一般化した今、、、
彼女は原点である日本の美を世界に広めようとしている・・・ 興味深い現象です



さて、今宵は 桂由美デザインを含む、ドラスティックなフォーマルドレスのご紹介


P4190007_512.jpg
朱赤のシャンタン地がモダン日本、桂由美によるフォーマルドレス
牡丹柄の総ビーズバッグは、どこか若冲画のダイナミックさを髣髴とさせて




P4190017_512.jpg
大胆な薔薇が衝撃的なドレスは、1950年代と80年代の時代の勢いを感じさせマス
柄のもつ力強さ、光沢を抑えることで生まれるエレガンスを堪能できるドレス!
赤花プリントドレスの詳細はコチラ・・・






思えば、ユミカツラの代名詞:ターバンはまさに かつての東洋趣味の象徴、、、


ドラスティック…  ”劇的な”世界を投影したかのやふな、

東洋と西洋、いにしえとハイテク現代が混在するカオスさが 「今」なのかもしれません


eb7137da6e3424c6c9a247cd699e95ae_512.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

チャーミングなひと



満開に咲いたと思えば刹那に散る、

そんな桜を儚いと感じるか、潔いと感じるか・・・


439e0c3f82c54dace826084346c94a0a.jpg



皆様もご存知、浅田真央さんの引退が報じられましたネ


懐かしい言い回しでたとえるなら、「一億総国民の妹」といったところでせふか
スケートファンならずともつい応援したくなる、彼女のひたむきさに心打たれました


予断ですが・・・ そんな彼女、人相学から見て最高のお顔立ちだと聞きました

大きな福耳は名声、丸く豊かな額や頬は聡明さや明朗さ、広いまぶたは安心感を・・・

困難あれど周囲の引き立てもあり花咲かせる、といふ強運の顔相だとのこと



お顔といふものは、環境や本人の生き方により変化していくものではありますが、

個人的には、真央さんには「チャーミング」といふ言葉がぴったりだ、と思うのです


負けず嫌いで完璧主義者な反面、喜怒哀楽の感情がわかりやすい天真爛漫さ・・・
大好きなことに向き合い、自分と戦いつつ孤独に怯える姿 達成したときの涙、

孤高の存在ながら、くるくる変わる愛嬌に満ちた表情が世界を虜にしたのでせふか


時はまさしく四月、 月並みながら 人生の新しきペエジを開いた真央さんに幸あれ!



☆   ★   ☆   ★   ☆   ★



花びらの下にははや、新芽が今か今かと顔を出しております

そんな青葉の季節におあつらえむけな、プリントのワンピイスのご紹介・・・

時代を経てもなお、胸をときめかせる柄たちの競演をご覧あれ!




P4110006_320.jpg
P4110004_512.jpg
戦後のハンドメイド、リボンに水玉がボンシックなワンピイス
変わり丸襟にローウェスト、格別な一枚には朱赤の紅さす位が小粋
1950~60年代リボン柄ワンピイスの詳細はコチラ・・・




P4110013_320.jpg
P4110011_512.jpg
かつての東映:新進女優を髣髴とさせるやふな清楚さ・・・!
水玉の織りにモダンな花柄が浮かび、レエスの付け襟は春風を呼ぶ
水玉織り×花柄ワンピイスの詳細はコチラ・・・
1970'sエニッド・コリンズバッグの詳細はコチラ・・・




P4110020_320.jpg
P4110015_512.jpg
戦前の名子役:シャーリー・テンプル嬢を思わせる愛くるしさアリ
あえて奇才:サンローランの黒赤ストラップ靴で毒っ気を足したり・・・
1950~60年代バイアス花柄ワンピイスの詳細はコチラ・・・







煙草を吸っても、少しくらい毒を吐いても、髪を桃色に染めていても、、、

チャーミングなひとって、老若男女問わずチャーミングなんですネ


自然とチャーム(魅力)を放つ存在・・・ 

それは、愛嬌の中に謙虚な心を秘めていて、、、

自分にも 好きなことにも真正直なひとかしら、なんて思ったり



22854d4897f33e0f52aaf2703263ec15_512.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

東と西の出逢った頃



暫しご無沙汰しているうちに、すっかり桜列島と相成りました

この調子では、一気に初夏の気配がして参りさふです・・・




駆け足気味ではありますが、先日まで故郷へ里帰りしておりました際、

偶然にも東洋西洋のアートに触れる機会が御座いました


そのひとつがこちら、名古屋三越で催されていた巡回展・・・

『池田重子コレクション ~日本のおしゃれ展~ 』 であります



kimono_r1_c1_512.jpg



1925年、我が国が大正浪漫に染まった頃に生を受けた重子さん・・・

裕福な家庭に育ち、幼少より月一度の歌舞伎観覧などにより培われた審美眼にて、
明治から大正~昭和初期までの、 着物の黄金時代に職人により生み出された 
着物、帯、帯留、 半衿など、一万点以上にも及ぶ一大コレクションをつくりあげます


歌舞伎や和のしきたりなど日本文化に精通する彼女ならではの美意識・・・
それは人々の心をとらえ、現在に続く「昔きもの」ブウムの先駆けとなりました

2015年10月にご逝去された彼女を偲び(享年89歳)、
「日本のおしゃれとは何たるか」・・・最後のメッセージを伝える展示が企画されたとのこと




会場を埋め尽くす 一張羅の着物に身を包む人、人また人・・・

ため息混じりに飛び交うは、「嗚呼・・・粋ですネエ」といった感嘆の声々

 
究極の職人技で産まれた贅沢な着物や帯、小物は各々勿論素晴らしいのですが、

重子さん独自の組み合わせにより  そこに新しい物語性や季節の美が紡ぎ出され・・・

こんな美しい国に生まれたのか、と目から鱗の落ちる思いでありました!



◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇



またある日、馴染みの古本屋にて出逢いしは 『アール・デコのファッションブック』・・・


1912~14年までのフランスのモオド冊子に寄せられた手彩色の挿絵集を復刻したもの

当時を代表する人気挿絵画家のジョルジュ・バルビエやブルネレスキらによる鮮やかな世界!

アール・ヌーヴォーからデコへの移行期・・・ジャポニスムやシノワズリといった東洋文化が、

いかに西洋の人々にとって斬新で衝撃的なものであったのかが手に取るように伝わります



barbier1_512.jpg



ちょうど1800年代末から1900年代はじめは、東洋と西洋文化が出逢った頃・・・

欧州の富裕層の間では扇子やキモノガウン、和傘が流行したり

我が国ではダリアや薔薇など洋花柄の着物に洋髪が登場したりと、

互いに強い影響下のもとにあった東西の魅力を融合させた、新しい文化が誕生します



今宵は、戦後の我が国において 手先の器用さにより生み出された工芸品をご紹介・・・

こんもりと盛り上がったビイズの放つ輝きは、戦後復興の光をも思わせる職人芸であります



P4080009_512.jpg
大輪のダリアでせふか、二色の対比と構図が若冲の浮世絵の如き迫力
紳士曰く「和彫りの刺青みたい」、ウウム・・・殿方の審美眼は中々面白きかな




P4080004_512.jpg
こちらも洋花の牡丹か、持ち手にまで百花繚乱に咲き乱れております
花弁や葉が浮き上がるやふ3Dに縫いとめる技術は、熟練職人のなせる技!




P4080019_512.jpg
老舗かばん店:居東屋の名に恥じぬ、細かい細かいビーズ手刺繍・・・
ころんと丸いがま口は、時代や世代を超えてこの先も愛されてゆくことでせふ






たとえ手に入れられるかどうかは別として・・・

若き頃から素晴らしいものを見聴きすることは何よりの財産ではないでせふか

潜在意識の中に年輪のやふに層を成した記憶のかけらたちが、

ジワリと滲み出るやふな・・・ そんな歳の重ね方をしてゆきたいこの頃



4606751742_27a2dcf13e.jpg
 



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

Life is ・・・?


東京では、一足早く桜の開花宣言が・・・

なんだかソワソワして参ります



ソワソワと言えば、多数の新作映画の封切も間近、、、

近年、欧米のみならず我が国でも、戦前の時代を扱ったキネマが増加しております

郷愁を求める風潮が、世の中の空気感に漂っているのでせふか



☆  ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆



”ロマンティックコメディーの帝王” ウディ・アレンも、時代ものを多数輩出したひとり・・・

次回作『Cafe Society』も、1930年代ハリウッドの黄金期をベースにしたもので、

シャネルが衣装協力したことでも話題をさらっております


・・・・・・・『Cafe Society』・・・・・・・ 公式HPより
98d37af01443abefece5535a3f4a7ec0_512.jpg




ウディが1920~40年代ものを得意とするのは、彼の生い立ちに深く起因するようで・・・


ナチスドイツの迫害から逃れてきたユダヤ系親類との賑やかで奇妙な共同生活を送った幼少期、

生粋のニューヨーカーなれど、血筋ゆえどこか俯瞰の眼差しから見つめた夢の国:アメリカ・・・

ユダヤ人差別とそれに由来するコンプレックスや自己意識が、喜劇の中に織り込まれているやふ


本国アメリカより他国で評価が高いにも関わらず、有名俳優女優がこぞって出演を熱望する・・・

ハッピーエンドが全てではない、そんな作風にもシュールな彼の人生観が滲み出ています



『カイロの紫の薔薇』はじめ『ブロードウェイと銃弾』『ラジオ・デイズ』『ギター弾きの恋』『マジック・イン・ムーンライト』
ウディの思春期を彩った、戦前のゴールデン・エイジの表と裏を扱うキネマは数知れず・・・

015-the-purple-rose-of-cairo-theredlist_512.jpg

51960df16sweet-and-lowdown_512.jpg




『華麗なるギャッツビー』 『愛の嵐』 『ゴッド・ファーザー』 『俺達に明日はない』 、、、

ウディ作品以外にも、ジャズエイジやギャング、ナチスドイツをモチーフにしたキネマ群が

続々と公開された1970~80年代、アールデコ期のリバイバルムウドは最高潮に達します

時まさにヴェトナム戦争只中の混迷期・・・ 暗い世相であったジャズエイジと重ねてか、

そのうねりは当時のモオドに即反映され・・・20~30年代風シルエットが巷を席巻しました



今宵は、そんなリバイバルムウブメントに沸いた頃の熱気が伝わるやふなドレスを・・・

アールデコの当時ものには手が出ないし、扱いが難しそう・・・といった方にもどうぞ!



P3220039_512.jpg
縮緬レイヨン地の小花柄は、どことなくジャポニスムも感じさせて・・・
二段ラッフル袖にローウエストV切替え等、1930年代初期の空気感が再現されています
小花柄ローウエストドレスの詳細はコチラ・・・



P3220022_512.jpg
ふわりと風はらむケープ襟が特徴的、Cacharelの1970年代もの
バイアスカットにバルーン袖・・・流線型のエレガントなシルエットは現代でも色褪せず
Cacharelケープ襟ドレスの詳細はコチラ・・・





「Life is ・・・」といった台詞は、キネマの中でよく用いられます

その一言には、監督の死生観が込められているからでせふ

有名なものは、ライザ・ミネリが『キャバレー(1972)』劇中で唄った「Life is a cabalet」、でせふか

また、次回作でウディは主人公に「人生はコメディーみたいなもんだ」と言わせるとか・・・



さて、アナタにとって 人生とは、、、???


6a00d83435374b53ef0120a5fde633970b-800wi.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

夢想家たれ



春眠暁を覚えず、と申しますが・・・

春は何故に こうも布団が恋しいのか、、、




こんな時節、ついと耳に残る唄がありまして、”卒業”といふ歌詞ではないけれど、

幸せなのに物悲しい といった漠然たる不安が、春の気分と重なるやふです



共に暮らし始めた夢想家の青年と皆の憧れの女性、二人の現実生活の先に待っているものは・・・?
青年の心象風景ともとれる、パステルの背景に彩られた人生のいちペエジ






昨年より入学した美容学校でも、そろそろ周りは卒業の頃、、、


一見すると華やかな化粧の世界とは無縁のやふな、物静かな学生さんが

ひとたび筆握れば 度肝を抜かれるやふなシュールな作品を生み出したり、と

若者の秘めたる原石に日々学ぶこと多し、倍ほど生きれど下級生のわたくし




自由なカリキュラムの校風ゆへ、巣立つ日は各々異なれど、

卒業までに一度や二度は困難にぶつかり、涙をみせることも間々あります


興味のなき学問等は出来なくともへいちゃらだけど、

好きなことが上手く表現出来ないのは 悔しくて自分が許せなくて、、、


そんな彼ら彼女らの姿は、かつての古着屋修行時代の自分と重なり

”夢想家”と呼ぶ人もいようが、がむしゃらに走っていた頃を思い出させます



さて、今宵は 芽吹く若葉を目前に・・・

卒業や入学式に謝恩会といった、ハレの場にも映えるドレスとバッグのご紹介


P3100011_512.jpg
1950年代を代表するモティーフのひとつ:リーフ柄の総刺繍地ドレス
黄金に色づいた葉っぱたちは成熟を予感させ、鈍い輝きを放つ
サテンロンググローブに金ビーズバッグが門出を華々しく彩ります
1950年代リーフ刺繍ドレスの詳細はコチラ・・・
アールデコ風総ビーズバッグの詳細はコチラ・・・




P3100016_512.jpg
こちらもリーフ刺繍ドレス、胸元に添うは葡萄の葉か・・・ 1960年代初期のもの
ビーズに模造真珠がちりばめられた淡いターコイズ地は、水面を思わせます
パステルのリーフ総ビーズバッグ、花束の代わりの薔薇ヘッドドレスを添えて
1960年代ビーズ刺繍ドレスの詳細はコチラ・・・




P3100028_512.jpg
何と言おうが、ワタシはとんがったのが好きなの・・・ そんな乙女に
1950年代頃のシルクカシュクールドレスは、誰かのために手作りされたもの
イタリア製藤ショルダーでグラムな馨りをまとい、卒業パーティへ!
1950年代変わりレオパードドレスの詳細はコチラ・・・








親世代より、厳しい未来が待っているとされるこのご時世、

若者よ、  いや・・・ 老若男女 ”夢想家”たれ!


卒業の日の、不安と希望色の澄んだ涙を 胸にとどめて生きたいもの



gallery_hero_a9ef5519-8b0b-4415-844b-f4df6826bbb5_512.jpg




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ