百花繚乱



一雨ごとに、秋から冬へと季節は移ろいでおります

そろそろ冬支度、  時には猫のようにこたつで丸くなって過ごしたくなります


bc3e7bb89155494fc2954d27297c805c_400.jpg



さて、あれよあれよと言う間に本年もあとふたつき余りを残すところとなりました・・・

年始のご挨拶や年明けの成人式など、着物をお召しになる機会も多くなりませふ



そんな、晴れ着の豪奢さにも引けをとらぬ モダンで装飾性に富んだバッグが、 

こたび、ご縁から当方に数点仲間入り・・・ 



かつて、戦後から高度成長期にかけビーズ職工たちが誇った高精度の技術力、
繊細な感性をもつ日本人ならではの 飛びぬけた感性をご覧下さいマセ 



PA200007_320.jpg
PA200005_512.jpg
アンティーク着物にもありそな、縞に水玉織り入りの1950年代絹ドレスに合わせて・・・
百花繚乱に咲き乱れる洋花に、一瞬で目を奪われるのは緻密な手仕事のなせる技
持ち手に至るまで施された全面総柄は、近頃のGUCCIにも通じる曼荼羅世界!
洋花モティーフ総ビーズバッグの詳細はコチラ・・・
セーラー襟ストライプ×水玉織りドレスの詳細はコチラ・・・





PA200015_320.jpg
PA200014_512.jpg
水玉にリボン柄の愛くるしいワンピースには、こんな花束モティーフバッグは如何?
1950~60年代以降は、我が日本でも洋装に合うやふなビーズバッグが作られました
花束を縁取るスカラップと合わせた、襟元の模造真珠スカラップ首飾りにて清楚な装い
花束モティーフ総ビーズバッグの詳細はコチラ・・・
リボン柄ワンピースの詳細はコチラ・・・





PA200025_320.jpg
PA200020_512.jpg
小紋柄で見かける、朱赤の混じった縮緬レイヨンドレスには トリコ色の梅バッグ
吉祥柄で古典的な梅モティーフも、モダンな配色と構図にて斬新に生まれ変わります
お目出度い日でなくとも心が晴れがましくなるよな・・・ 職人の遊び心の詰まった逸品
梅モティーフビーズバッグの詳細はコチラ・・・
1930年代風縮緬ドレスの詳細はコチラ・・・






第二次大戦直後、日本人の几帳面な性質と正確なものづくり力を買った米国により、
Made in Occupied Japan(占領下の日本製)と銘打たれた品々が海を渡りました

ニット製品やバッグ等のビーズ細工は、戦後復興を下支えする重要な資金源に・・・

Occupied Japan製キッチュなラジオや玩具等は、海外でも一定のファンが現存します




時を経、高度成長期・・・ 他国の暮らしを支えた技術力は、日本の誇るべきものとなりました

団塊世代以上の方々は、上のやふな一張羅バッグを 晴れの日ようにと「思い切って」購入、
たとう紙にくるみ箱に入れて 大事に大事に使ったと聞きます

母親の世代までは、他国のお洒落の為のものであったものを、
娘世代は 自分の晴れ着に身につけられる幸せは いかばかりであったでせふ


そんな想いも詰まっているかいまいか、  バッグのみぞ知る、でアリマス

サテ、  貴女は どんな和装に、もしくは洋装に合わせますか?



japan-art_400.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

紡がれる物語



朝夕、布団から中々出られない季節がやって参りました



美容学校に通いつつも、店の方は一段と秋の色合いが濃くなって居ります

そんな中から、今宵は・・・


よくぞ一世紀あまりの時を越え、遺ってくれたと称賛したい、ブラウスのご紹介



◇     ◆    ◇    ◆    ◇    ◆



精巧なつくりが見事な古物の復刻品も出回る当世でありますが、

悠久の年月を経、幾人かの手と手を渡ってきたであらふ 物言わぬ凄み・・・
そんなものが、アンティークと呼ばれる100年を越える代物には感じ取れます



当方では、そういったアンティークやヴィンテージをはじめ、
フランスらしい、1920年代前後のキャバレーの舞台衣装等も扱っているせいか、

作品撮影等へのリースのご相談もちょくちょく御座いまして、下もその一つ・・・


わたくしの通う Be-STAFF Internashional 在籍、西山先生の最新作にて、
1900年代初頭の 真綿雪のやふに白いレエスのブラウスをまとうモデルさん


IMG_1330_640.jpg


西山先生と申せば、「ベーシックの女王」との異名もつアーティストでもあり・・・

内面から滲み出るやふな、女性の持つ儚さや色香を表現するのが真骨頂

奇をてらわず、その人自身の魅力を自然かつ最大限に引き出すのは難しいものです
しかし、ベテランの先生の手にかかれば 本選モデルの優奈さんもこのとおり!
しっとりと雨露に濡れた、紫陽花色の世界・・・


13731688_1064313430315549_4593526930326203592_n_512.jpg



そのものが静寂なる存在感を放つアンティークやヴィンテージは、

身につけるもよし、飾るもよし、 時には作品に深みをもたらすものでもあるやふです



PA130005_320.jpg
PA130004_512.jpg
こちらが上で使用された、胸元の手編みレエスが圧巻のブラウス
敢えて装飾品などつけずに撮影した、とは先生の後日談でアリマス・・・
無垢な表情、白磁の如き肌に 初冬の凛とした空気が伝わるやふな一枚




PA130012_320.jpg
PA130010_512.jpg
シルク綿のやふな、鈍い光沢にレースモティーフがさりげなくも印象的
レッグオブマトン(羊の足)と呼ばれる形状の袖に、時代のエッセンスが残る
黒のジレにスパンのバッグで、アンティークフレンチポストカードの世界へ・・・




P2060012_320_20171013145339369.jpg
P2060007_512_2017101314533901f.jpg
以前もご紹介、是非間近でご覧になって頂きたい総刺繍の贅沢なガウン
袖や裏地には絹、由緒あるお家柄の方のお召し物だったのでせふ
室内着にしておくには惜しい、まさに時を越えて心揺さぶられる逸品
20世紀初頭総刺繍ガウンの詳細はコチラ・・・






フリーサイズで、フィッツオール!といったお手軽さも魅力でありますが、

どこかのどなたかが、長く紡いで繋いできた物語のあるもの・・・
それは、海岸に流れ着いた小瓶のやふに 密やかな世界があるやふに思えて、

・・・・・・・ 浪漫に満ち溢れてやしませんか


クラフト感あるものがランウェイを賑わせているのも、便利さの反動かもしれません





パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

ノアール・スペシャリテ ~その壱~


 
暦が九月に変わった途端、秋が押し寄せてきた日本列島・・・

イヤア、誠に過ごしやすさこの上なし、 であります



☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   



更け行く秋の夜長、皆様は如何に過ごされますでせふか・・・

買い溜めた本を読むもよし、映画の世界にどっぷり浸るもよし、、、

嗚呼、   本格的な秋の到来が楽しみでなりません



1930dress_512.jpg



サテ、今宵はモノクロフィルムのスタア女優を髣髴とさせる・・・

ノアール・スペシャリテ ~黒の逸品~ のご紹介第一弾


胸元のカットやスパンにビーズが艶やかなドレス二枚をご覧アレ!



P9050003_320.jpg
P9050006_512.jpg
ベースカットの胸元に添って、びっしりと左右対称に施されたスパン&ビーズ・・・
片側サイドに寄せられたドレープ等、1930年代後半の凛々しいエレガンスを感じます
トリプルハート首飾りの詳細はコチラ・・・
1930年代ヌバックバッグの詳細はコチラ・・・




P9050010_320.jpg
P9050008_512.jpg
こちらは1940年代半ば以降、胸元の変形カットは丸みを帯び、女性らしさに溢れております
首周りやポケット口を包むシルクギャザー、月光のような模造真珠のたおやかな空気感・・・
三連花モチーフ首飾りの詳細はコチラ・・・
1950年代頃ビーズクラッチの詳細はコチラ・・・






ひんやりと頬をなでる秋の風、、、

何故か、ちょいとイイ女になったやふな錯覚に陥るのは 季節のなせる魔力でせふか



joan-crawford-9260899-2-raw_512.jpg





パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

世界の国からコンニチハ



いやはや、
我が日本はじめ、世界各国で水害や突風、熱波など異常気象が連日続いております

世界広しといえど、数年先の状況が全く読めないのは 共通ではないでせふか


◇    ◆    ◇    ◆    ◇    ◆



世界と言えば、当方では現地フランスモオドの買付けは勿論のこと、

欧州で見つかる世界各国の珍妙なもの、歴史の馨りのするもの等々・・・

出逢いの直感をもとに、店主の独断と偏見にて連れ帰って参ります


frida2.jpg


7d5cfb4a_512.jpg



このたびも、どこかの部族の民族衣装と思しきものや、画家の羽織るスモックなど・・・

芸術や文化に裏打ちされた、素朴かつ装飾性の高い品が紛れ込んでおります



数年前映画化もされ爆発的反響を呼んだ、メキシコの魂の芸術家:フリーダ・カーロはじめ、

サルバドール・ダリやレオナール・フジタ等・・・


突拍子もない世界観はもちろん、彼ら彼女らの生き様が現れた装いは時代を超え、

わたくし共の胸に 強烈な何かを打ち込んでくる破壊力を持っています




今宵は、こたび当方へはるばる海を渡ってやってきた、

芸術家たちも愛したであろふ、民族にルーツを持つ品々のご紹介デス


P8220015_320.jpg
P8220010_512.jpg
巴里の街角でも見かける、アフリカ系の女性がまとう”カンガ”と呼ばれる民族衣装
そこからインスピレーションを受けたと思しき、1950年代頃の多プリーツドレス・・・
重量感が物語るは、プリーツにかかる手間とそこにかけた遊び心の重さ




P8220021_320.jpg
P8220016_512.jpg
形状から推察するに、南米もしくは中国大陸の少数民族あたりの衣装でしょうか
裾裏に施された絹の織りや刺繍生地の見事さ、よくぞ百年もの間遺ってくれた!
しっかりとした麻に、誇らしげに輝く金糸が歴史の豊かさを静かに物語ります




P8220025_320.jpg
P8220024_512.jpg
フランスはじめ、欧州の人々は太古からモロッコやインド等・・・
南方へのバカンスに憧れ、そのつど土地土地の風土を持ち帰りました
これもその一つ、インド綿のスタンドシャツ・・・燻し金の金具が異国の馨り





彼ら彼女らの根底には、故郷への強い執着と愛憎が入り混じり、

それが芸術へと姿を変え、やがてはモオドへも影響を与えました



惚れ惚れするほど色男! 若き日のサルバドール・ダリ・・・

狂気と茶目っ気の入り乱れるその瞳に、現代はどう映るのでせふか


9a342e5e5ebc9190eebc0b064d3bb07a_512.jpg




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

晩夏のお洒落始め



★8月14日(月)のみ、お休みとさせて頂きます★


vintagemen_512.jpg



皆様、お盆を如何お過ごしでしょうか・・・

職業柄、中々実家で過ごすお盆とは縁遠く 心のうちでご供養する近年であります



ここ数日、明らかに八月はじめとは異なる空気に変わりつつあり、

時折吹く晩夏を思わせる風に、ホッと胸をなでおろすこの頃



サアサア、紳士の皆様・・・お洒落を愉しめる季節も そう遠くはございませんヨ


dffd05c8a897913581415bc65d74d8b4_512.jpg



高温多湿の亜細亜の現代紳士にとって、夏のお洒落はある意味命賭け・・・

カラリとした風土のかつての欧米紳士たち、おのおのの装いで夏を満喫したことでせふ




さて、本日は、こたびの買付けにて当方にやってきた・・・

紳士の袖元や首元を渋く彩る品々のご紹介であります


P8130003_512.jpg
小難しいお洒落はチョット、、といった方でも挑戦しやすい絹スカーフ
開けたシャツの胸元に、クルリと巻いて・・・ それだけで風格が増しマス




P8130012_512.jpg
上級者には、ドレスシャツにデタッチャブルカラー(変え襟)をどうぞ!
ただし、お持ちのシャツに専用ホールが開いているか、首周りは合うかをお確かめアレ




P8130017_512.jpg
只今充実しているカフリンクスの中でも、エキゾチックな趣向のものをご紹介・・・
1930~40年代、アールデコの残り香漂ふ四点は、ご婦人の袖元にもマッチング




P8130018_512.jpg
1920~30年代に多く見られた、チェーンタイプのカフリンクスたち
金古美色に、イニシャルやら紋章やら・・・両面に到るダマスク象嵌が見事!






女同士の積もる四方山話と違い・・・

殿方が集まると、なにを愉しそにお話なさってるのかしら、ナンテ 要らぬ憶測


Mens-swimsuits-with-skirts-in-1910_400.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ