さすらい婦人 ~番外篇~



三部にわたりお送りしてきました「さすらい婦人」シリーズ、最後は~番外篇~にて締めくくりたいと存じます

本章では、美濃の国・尾張の国の摩訶不思議なる魅力について少しでもお伝えできれば幸い・・・



さて、例の如く夜行バスに揺られること12時間、、巴里…いや名古屋の地に早朝降り立ったわたくし

早速その足で、毎度愉しみにしている大須観音の骨董市へ馳せ参じました

昔ながらの和箪笥や古着物・がらくたに紛れてわたくしの目を引きましたるはこちらの襷、

ズバリ「大日本國防婦人会」裏面には 和歌山県支部の刻印が・・・


110218_094538_320.jpg


店主曰くこれほど綺麗に現存しているものは珍しいとか、、大戦中の竹槍訓練の際にでも使われたのでせふか

また、他の露店では同じく大戦中の軍用機柄の男児用羽織がわたくしの心を揺さぶり・・・

五百円硬貨一枚で手に入るお値頃さなのにあまりの染みに慄き、一度悩んで戻ったらハイ、それまでよ、、、

専門誌にも載るほどの稀少なお着物でしたのに、寸分の違いで人手に渡り一期一会の儚さを思い知るわたくし

それにしても大須観音骨董市では戦時中の旧日本軍ものが多いこと… この地方は収集家が多いのでせうか


蚤の市を後にし、大須観音周辺の雑多で無国籍で時代もよくわからない、愛する大須商店街へ…

昭和古着店にHIPHOPのダンサブルなお店、はたまたブラジル料理店に昔ながらのみたらし団子屋が混在し、

年に一度世界的なアニメのコスプレ大会が開かれたりとまさに雑食文化・名古屋を体現する異次元世界!

一歩路地を入れば喫茶「ノービザ」の店主と目が合い、下のやふな懐かしの大衆浴場も今だ健在なり、、、

大須で行きつけのお餅屋「七福堂」にて、ぜんざいとお雑煮がセットのこれまた不思議な昼の定食を美味しく食す


110218_140220_320.jpg
 

また別の日、「じゃんけん娘」前の腹ごしらえに岐阜は柳々瀬の名店・マルデブへ・・・

紳士がかつて綴ったこちら、大正九年創業 お品書きは中華そばとわんたんのみ、どちらも驚愕の350円なり!

並々と、、といふより表面張力に挑んだとしか思えない汁だくさは、長年吸ったであらふ木の机が物語る

暗黙の了解の合席システムに幼少時から変わらぬ懐かしいお出汁… 嗚呼、岐阜に帰ったのネと実感


丸デブ~1_320


またさらに別の日、いかんとしても久々に食したく…ご近所の「大吉ラーメン」へ・・・

こわもてのリーゼントであった店主も心なしか柔和に思え、幾多の月日が流れたことを感じつつ

激辛の肉味噌がのった名物・台湾ラーメンを恐る恐る口に運ぶ、、、

、、、、とここで喉に突き刺さる肉味噌に思わずむせ返り、暫し泪しながら咳き込むわたくし

昔は10辛、20辛…とあったか、現在は1辛 2辛 そしてハイ辛なるさり気無く駄洒落の利いた辛さ調節がござい!

分かっちゃいるケドやめられない♪… 思わずそんなフレーズが浮かぶ帰り道で御座いました 


20090526_1186541_320.jpg


それにしても、小倉抹茶スパゲティ等で全国に名を馳せる名古屋の迷店?「喫茶 マウンテン」にしろ

もはやカオスと化した大須にしろ、東海地方の名立たる一大文化:モーニングセットにしろ・・・

いくらB級といわれ 雑食ごった煮文化だと言われても愛しさを禁じえない我が故郷 尾張・美濃地方

皆様も一度、禁断の迷宮(ラビリンス)に迷い込んでみたくはありませぬかヘエ・・・ (完)



パールHPへようこそ
Pearl

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ