家電狂想曲



お里である美濃の国にて お爺ちゃまの一足早い初盆を無事済ませ、博多に舞い戻った真珠婦人で御座います

本日は、当世の家電事情に一言物申したく候・・・


元来、「最新式○○」といふものにほぼ興味関心が無いと言って差し支えのないわたくし共

とはいへ、パーソナルコンピュウタアなるものを使い かやふに戯れ言を綴って居るわけでありますが、

必要最低限の役目を果たしてくれればそれで十分満足、、、家電に対してはその程度の認識であります




そんな真珠家にも地上デジタル化の影が足音も無く迫りつつあった先月半ば過ぎ・・・

壊れても居ないのにアナログ放送終了だからと買い換えるのも何だか腑に落ちないし、

再生は出来るさふだから…とブラウン管と運命を共にしやふとしていたあの日…


さふ、丁度なでしこ達の奮闘に湧いた7月18日未明のことでありました 

明け方、紳士の歓喜の雄叫びにて目覚めたわたくしは 後半35分過ぎよりなでしこの奇跡の逆転劇を眼に焼きつけ

再度眠りに落ちて早朝、テレビのスイッチを入れますと、、、、、「バチン!」


嘗て聴いたことのない鈍い音と共に、我が家のブラウン管は天命を全う致しました・・・

アナログ放送終了まで5日、西方沖地震時の落下も乗り越え、齢7歳を目前にした若き死でありました

(他人に我が運命を決められたくはない…散り際はおのれの手により定めるのだ、、、)

ブラウン管に武士のやふな美学が感じられ、何故か三島由紀夫を思い出ださずにはおれなかったわたくし


…劇的なブラウン管との別れから数日後、

再生さへ叶わなくなり止むを得ずデジタル放送とやらをやふやふ迎え入れた真珠家でありました




とはいへ、当世家電のか弱きことといったら、、、皆様さふお感じになりませぬか?

先述のブラウン管テレビの7年弱を筆頭に、パアソナルコンピュウタア6年弱、自動印刷機5年に始まり

一昨日壊れたデジタルキャメラは6年、MDコンポに到っては数年で二台あの世行きであります

さふ、、、真珠開店前後に必要に迫られて誂え新調した家電たちは順々に ものの見事に短命を刻み…

真珠家は今、B級ホラー調に申せば『家電大パニック~奇奇怪怪!次々と壊れ行く恐怖の家~』の様相を呈す始末



高度成長期、三種の神器に人々は熱狂し 電気の力を全面的に信じ描かれる未来図は輝かんばかりの黄金郷…

あれから随分科学は発達し、日本の技術力は最早他国の追随を許さぬと謳われた時代も御座いました

ふと今、最新式の文字躍る売り場見渡せば あれもこれも家電の寿命は「5年」といふのは是如何に?

電気屋さん曰く、ひと昔の家電は構造が単純ゆへ部品があれば修理が可能であったさふでありますが、

当世のそれは基盤が複雑化し、衝撃にも弱き上 修理する位なら買い換えるべし…これが常識とのことでして

テレビの砂嵐を叩いて直すお父さん…昔懐かしの光景も今は幻、であります


勿論、省エネルギー化された家電始め、日進月歩…飛躍的に性能は発達し我々の生活は豊かになったことも事実

しかし、それほど技術が進化したと言いますならば 加えて頑丈さも兼ね備えることは叶いませぬものか

・・・ううむ、単純構造なるわたくしの頭脳を以てしては最早 家電大手の陰謀としか考えられませぬ



それに加え、お客様との話題にも度々上る 所謂「白物家電」のデザインや色調における種類の乏しさ・・・

皆が皆、コンクリ打ちっぱなしのモダーンな近代的住宅に住む訳でなく、畳の家もあれば木目が美しき家もある

何でも懐古趣味であればよし、といふわけでもありませぬが 艶消しのあの美しい曖昧色の家電はいずこに、、、

これは自家用車にも言える事でありまして、昔の映画などでは主人公より車に眼が吸い寄せらるることもしばしば

当世では「ブロカント(蚤の市)系」なる括りもあるやふですので 家電や自動車製造大手のデザイン部門の方々、

ここはイッチョ 「懐古趣味」なる括りにて密かに勝負に出る勇気は御座いませぬか・・・



とマア、アナログ街道をひた走るわたくしの ボヤキともとれる戯れ言でありました 

…タライ洗濯は意外とカロリイ消費するのねん、、チョイとしたダイエットになりさふだわ、、、





パールHPへようこそ
Pearl

スポンサーサイト

Comments

No title

ヤッピー なおちゃん おとついbesanconに戻ったよ 疲れたーー
なおチン(中国人風) 何たらい式洗濯機に思いを馳せてるのよ あなたの溺愛する妹は3年前まで洗濯板(ちなみに絞りは手)使ってたのよ そしてつい最近までそのたらい式より古いのを使ってたのよ 絞りはロールを手動で回してその間を洗濯物を通すタイプ(サザエさんの戦後漫画でしか見たこと無い) 私世界に誇るハイテクノロジーの国に生まれたのによく自問自答させられたわ

Re: No title

無事に仏蘭西に帰国できて何よりです・・・
マア、自分で「溺愛する妹」なんて、、よく言ったものだと姉さま吃驚してよ。
それはさておき、流石我が妹… 幼き頃の愛読書「サザエさん」通りの生活を送ることになるとは何がしらの運命なのかしらん、、、
けれど、その生活も今思えば素敵な思い出でせふね、、貴女のお家の屋根に登ったこと… 姉さま今でもはっきりと覚えていますよ。これからは新居でYvesくんと二人、あの頃の生活も忘れず 愉しく暮らしてね。
さふしてまた来年、一緒にお買い物など致しませふ!

  • 2011.08.26 16:40/
  • 真珠婦人 URL/
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ