シヨウ タイム



先だって、素敵な姐さま達のお誘いを受け… 活動写真『さすらいの女神(ディーバ)たち』を観て参りました

実は一昨年末も同じ面々で『BURLESQUE』を鑑賞すれど、アラベスク風出で立ちであったせいか否か…

お手洗いに参りました際 「ダンサアの方ですか?」聞かれたわたくしは返答に困った、といふ記憶が、、

…とマア個人的な想ひ出はさておき、今宵はバーレスクなるものについて拙い小噺をさせて頂きたく存じます


king20of20burlesque.jpg


ここで、チョイと電脳から知識をお借りし バーレスクとは何ぞや?… を振り返ってみませふ、、、


バーレスク(英語および仏語: Burlesque)とは、第一義的には、シェイクスピア等先行する文芸作品をパロディ化した茶番であり、
一般的には、性的な笑い(艶笑、軽い下ネタの類い)のコントや、ヌードに至らない女性の色気を強調した踊りを含めたショーのこと。

とくに後者は、19世紀英国、ヴィクトリア朝時代に発展した。ミュージックホールでのショーやヴォードヴィル、軽演劇のスタイルである。
したがって、20世紀に入って、多くのコメディアンが映画に参入するとともに、初期の無声映画になだれ込んだ。
アメリカでは1920年代に、ある劇場でコーラスガールのスリップの紐が切れそれが反響を呼びバーレスクショーが始まったと言われるが、
実際いつどこで始まったのか定かではない。1933年のシカゴ万博では客寄せのためにバーレスクダンサーが登場した。
その立役者はサリー・ランドで、彼女のファンダンス(大きなオーストリッチの扇を使ったダンス)はその後映画でも見る事が出来る。
そして今ではミュージカルにもなったジプシーローズリーが登場し、徐々にバーレスクがブームになって行く…(中略)
日本においても、戦前の東京・浅草において軽演劇、浅草オペラなどが発展し、榎本健一らが無声映画に参入すると共に、
バーレスクは日本映画に導入された。戦後バーレスクは、おもにヌードダンサーを示すようになり初期のストリップ劇場で見る事が出来た。
その後バーレスクの特徴であるチラリズムが衰退、バーレスクはグランドキャバレー、ナイトクラブでのショー、日劇ミュージックホールの
ダンサーに受け継がれるようになる。しかし再びチラリズムよりもダイレクトな性表現が好まれ、ミュージックホールの閉館、
グランドキャバレー衰退により、バーレスクショーも衰退してゆく…  ウィキペディアより一部抜粋   
 



tumblr_lnn0q6zIPp1qkwvmko1_500_320.jpg


古き映画や小説がお好きな方には レヴューやキャバレー、ムウランルージュ等と言えばお馴染みか、

半裸の踊り子さんによる喜劇交じりのお色気ダンスシヨウでありまして、

我が国におきましてはまさに「エログロ・ナンセンス」の時代といわれた大恐慌只中の1929年末、 

全盛紀迎えた浅草に劇団「カジノ・フォーリー」が誕生、喜劇王エノケン(榎本健一)の活躍と共に大流行…

踊り子が踊りながらズロースを落とすとの噂から押すな押すなの大賑わい、

踊り子はズロースの股下を測られ、警察の検閲官曰く「股下二寸以下、或いは肉色ズロースを使用すべからず」

当時流行していたジャズ、舞台セットの奇抜さ…滑稽で艶がありナンセンスな芝居に老若男女は虜になりました

それにしても、往時と比べると随分 大和撫子の体型も欧米化したものですネ、、、


casinofolies03_320.jpg
  

当初は「額縁シヨウ」やラインダンスはじめ、今思うと可愛らしい半裸の色気と笑い中心のシヨウであったのが

人間といふのは現状では飽き足らない生き物、戦後は全裸はおろか売春まがいの過激なシヨウが幅きかせ

我が国では警察とのいたちごっこの末、自らの首を締める形で業界は衰退、、、

この辺の顛末は、花魁芸:浅草駒太夫を育て上げた佐山淳氏を取材した『ヒモ一代(三井一郎著)』に記され、

自らをヒモと称しながらも、妻である太夫を ストリップ界を 過激化の波から身を挺し守る姿が印象的でした


やむにやまれぬ事情で肌を曝す踊り子も多くはあれど、かつて踊り子になるのはスタアの登竜門とも言われ、

暴れん坊将軍:め組の女将さんでお馴染み 春川ますみさん・あき竹城さん等多くの女優も輩出致しました

また、前座として欠かせないコメディアンの中から渥美清さんに萩本欽一さん、北野たけしさんなど

多くの喜劇人や映画人が生まれたことは最早特筆するまで御座いませんでせふ


こんにちの日本では ストリップシヨウをみる場所は場末、叔父様達の独壇場と化した感が拭えませんが、

嘗てのレヴュー等はお洒落なモガモボ始め文化人も出入りする社交場でもあったので御座いますネ

 

tumblr-ll083pVlMN1qd48zdo1-r1-500-large.gif



さて、ここらで娯楽の本場、1930年代 亜米利加のバーレスクに時間旅行致しませふ…

羽が眩い噂のサリー・ランド嬢に 星が煌く伝説のジプシー・ローズ・リー嬢の艶姿… 

同じ女性のわたくしめが拝見してもうっとり、、構造上は同じ生き物とは哀しき哉…思いたく御座いません

また、エキゾチックな魅力と唄声、衝撃的なバナナダンスで巴里のミュジクホオルの視線を釘付けにした、

「褐色の女神」:ジョセフィンベイカー嬢も、亜米利加発 異色の世界文化遺産といえませふ



tumblr_lgb7xsBgEU1qbkn6io1_500_320.jpg



BURLESQUE-Gypsy_1930s_400.jpg



burlesque-Josephine-Baker-Banana-Dance-1920-940ls102810_320.jpg



日々鍛えられた肉体美の醸す色香のみならず、タップはじめ身体に染み付いた踊りの華麗さ、非日常的世界…

何よりバーレスクの魅力は、そのコケティシュな滑稽さやお茶目さにあると言ってよいのではないでせふか

お世辞にもスレンダーや美人とは言えないダンサアでも ステージで魅せるチャアミングさときたら… 

それはやはり、自らの魅力を知り尽くしたものに舞台の神様が掛け給ふ魔法なのかしらん、、、 



『BURLESQUE』が分かり易い亜米利加的 ザッツエンターテイメント シヨウ!とするならば、

『さすらいの…』は仏蘭西映画らしく、舞台を終えれば踊り子も演出家も一人の人間・・・ 

泪を流すときも歯を食い縛るときもあり、上手く行く時ばかりでないけれど 人生捨てたものでもない、、、

人間としての魅力的な姿を淡々と追った道中記、といった感で わたくしは味わい深ふ御座いました



当世では、ニュウ・バーレスクと称し 亜米利加はじめ各国で新しきうねりが生まれているやふであります

映画の中の実在する踊り子たちの台詞、「私達は、私達の… 女性のためのシヨウをしたいの」

その言葉で 未だ見ぬ彼女らへ大いに期待に胸膨らむ そんな素晴らしき宵で御座いました


4445708895_e0a1da561b_320.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ