お洒落写真館

本日、博多の地にはしんしんと雪が降るなり、、、、


さて、突然ではありますが 皆様は「NHK朝の連続テレビ小説」なるものは御覧になられますか

わたくし、朝寝坊であるのも手伝い、嘗て一度たりともまともに通しでみたことは御座いませんでして、

それは今も変わらず… なのではありますが 此処の所 少々後悔の日々であります

・・・といいますのも、只今絶賛放映中の『カアネイション』、この噂を遅ればせながら小耳に挟んだからで、、




古い物を扱ふ商売柄か生まれつきか、時代設定の古い映画や小説などは大好物でありまして、

特に1910~50年代等を舞台に想定したものは和洋問わず、ついつい個人的嗜好も手伝い 贔屓目に見てしまいます


監督により 衣装やら調度品やら音楽やら言い回しやらに確信犯的なる並々ならぬ拘りが感じられたりしますと

つひつひ物語を追うのも忘れ、息をのむ衣装に溜息が出、豪奢なセットに感嘆し、

「アレ、そこに○姐さまに似た人が!」だの、「あの化粧台が欲しい」だのと無駄口を挟むものですから紳士は呆れ顔

…とはいへ、憧れの時代が眼前で動いている幻を見られるのですもの、中々口を慎めないもので御座いまする


余談ではありますが、1980年代位までの時代物ではしばしば 時折フム?と首をかしげることがありまして、

この時代にしてかやふなフレアパンツや襟足、ラペルの形は如何に…と、意図せずも間違い探しの挙句、

発見の度「アレエ~」等と奇声を発してしまひますが、この辺りの事情に詳しい方には是非ご教授願いたいものです




さて、少々脱線しておりますが 当の『カアネイション』、御覧のお方も多いことでせふから詳細は省きまして、

かの「コシノ3姉妹」を育て上げた小篠綾子女史の生涯を実話に基づき描いた作品とのこと…

舞台は1924年(大正13年)に始まり 戦前戦中戦後を生き抜く「ナニワのハイカラ母さん人情一代記」と申しませふか

和装中心から洋装の世への過渡期、アッパッパはじめもんぺ風着物など 少々クスリとするアイデアも満載ですが

独創的ながら大和魂を忘れない姿は、当世の日本人デザイナアたちの源流となるものがあるのかもしれません

つひつひ、温故知新…等と年甲斐もなく呪文のやふに口走ってしまひさふになりますが、、

当週なら「隠し切れない恋(ジギタリス)」など、週毎の副題が花言葉にあやかって名づけられているのもまた素敵 
 


既に物語りは佳境に入っておるようでありますが、わたくしの専らのお愉しみは何といってもこちら、

さふ、番組終了間際の数秒の 「お洒落写真館」なる画期的なコーナーでして・・・

何でも題名に引っ掛け 「カアちゃんネエちゃんのお洒落写真」を一般公募にて集め 毎回一枚紹介するといふ代物

大正期のモボモガはじめ、戦前の婚礼写真や家族写真、中には戦中の新婚旅行などホロリとするものも、、、

キネマ女優顔負けの別嬪さんやら、親しみある面立ちに一張羅のワンピース姿の姉妹やらが凌ぎを削って居ります

恐らく日の目を見ることがなかったであらふ 大正から昭和中期の貴重な庶民の服飾史を拝見できることの妙…

かつての日本人の凛とした佇まいにご興味をお持ちの方は、公式頁にても拝見できますので是非御覧を!

まだブロマイド募集中とのことですよってに、ネフタリン臭のする物置の箪笥を漁ったらどない?



0c88a0e6186cb9ce3180aecdb6c77416_400.jpg



新春にかけてのわたくしの密やかなるお愉しみは、一部巷で話題の仏蘭西映画『アーティスト』の公開であります

サイレントからトーキーへと移行するハリウッドを舞台に、モノクロ映像で綴る当世では異色の無声映画ださふな


矢張り 時代錯誤と言われやふと何と言われやふと 嗚呼、止められぬ 止まらぬ・・・ 





催しのお誘いもご覧くださいませ…




パールHPへようこそ
Pearl

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ