我が心の太陽



大寒も過ぎまして、列島丸ごと冷凍庫の中にあるかのやふな日々・・・

一方、二月に入り 海を隔てた亜米利加では大統領補選が佳境を迎え、各候補者が舌戦の火花を散らしております

・・・と申しますと ナンだ 小難しいお話か、、と眉間にしわを寄せる方もおられることでせふ

そうでは御座いませんで、本日は 選挙の影の立役者についての小噺をひとつ、 致したいと思います




「スーパアチュウズデイ(Super Tuesday)」なる言葉、皆様もニュウスなどで耳になさったことがおありでせふ、、、

キリスト教徒が大多数を占める亜米利加では 日曜日が安息日とされ、家族と共に過ごします

かといって 月曜を投票日に致しますと、かつては馬車で一日かけて遠き投票所を目指さねばならぬ人もおり、

それならば… と、開拓時代より 決戦は金曜日・・・ならぬ 投票日は火曜日 と定まったさふな 

国土狭き我が国では 選挙は日曜日に公民館で、といった形に定着しておれど、お国変われば何とやら…ですね



幸か不幸か、我が国では「国の首領(ドン)」を国民自ら選べませんで、猫目の如く頻繁に首相がくるくる変わる昨今

他方、国土の広さから文字通り「合衆国」である亜米利加では、大統領の指名選挙が存在することから

州単位であれ補選で共和党が負けた民主党が勝っただのに国民は一喜一憂し 自然と政治参画の意識が強まります


そんな長い長い選挙期間、読み書きも出来ない労働者も多かった南部をはじめとする地方での遊説におきまして、

候補者が聴衆を飽きさせることなく演説に惹きつける為 かつ人々の愛国心に訴えかける為に利用したのが、

さふ、、、カントリイやブルース音楽でありました







1930年代の南部を舞台としました コーエン兄弟描く『オー ブラザー!』にも時折登場しますやふに、

時には幌馬車の荷台に楽団を乗せ、時には演説会場にて幼児に謳わせ… 

郷愁誘ふメロディに誰もが思わず故郷を顧みるやふな歌詞があいまって、人々は熱狂や感動と共に家路に着きます

難しい公約を脳に訴えかけるより、「愛国心」を心の臓に訴えかけることに候補者は成果を見出したのでありませふ



我が国でも、明治開国期 博多の川上音二郎による「おっぺけペー節」等はじめ、

演説の為生み出された節回しが後の「演歌」となり 次第に男女の色恋唄ふ「艶歌」と変化したのは有名でありますが

不特定多数の聴衆の心を一挙に掴むのに、我が国でも胸を打つ節回しは一役も二役も買ったやふですね




時を経、当世の我が国では芸能と政治は乖離し 政治情勢をアイドルが口にするなどタブウ視されているほど

一方 合衆国では ギター片手にスタアが選挙演説会にて「イエイ!」と勝ち鬨をあげることもしばしばであります

最新ニュウスから 古き映画から ルウツ音楽から ・・・ 

見方によっては 非常に「池上彰」氏的、目から鱗の生きた情報を頂けますのもまた 愉しき発見哉




さて、こちらも皆様の心の臓に訴えかけるものになりますやふ、、、

催しのお誘いもご覧くださいませ…




パールHPへようこそ
Pearl

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ