ハジメマシタ・・・



さて、本日は久々に 季節のお品のご紹介と参りませふ、真珠では密かに愛好家の多き「半袖のにっと」であります



こちら、わたくしの洋服棚の中においても気付くと増えているといふ 一昔前の郵便局の定期預金のやふな類・・・

丁度日中20度を超えるやふになり 目に青葉が眩しいこの季節から初夏にはもってこいのお品でして、

思わず軒先に 「カキ氷ハジメマシタ」ならぬ 「半袖にっと はじめました」と掲げたくなるかどうかは別として

毎年の風物詩の如く 衣替えと共に「嗚呼 そろそろダナア」と移ろい行く春から夏の訪れを実感させてくれます


姉さま、貝殻から潮音がすることよ・・・ 素敵ネエ
ところで○○ちゃん、あたくし達の日本髪に水着とは如何なものかしらん、、、


swimwear_400.jpg





特に70年代までのこの手のものは 細畝のリブ地に細長いシルエットが美しく身体に添いまして、

腰高のパンタロンやらスカアトに入れてもよし、出してベルトを締めてもよし、そのままでも勿論よし・・・

袖口やら腰に長いリブを配したり 小銭程度しか入らぬ小ちゃなポッケにやたら数多きだまし釦のあるものなど、

思わず「アレマア~」と言わずに居れない いと可愛らしき必要無駄の数々にお洒落心を擽られることもしばしば


真珠で扱いますのは、主に仏蘭西などを中心とした欧州物でありますが

時に半袖なのに羊毛100%製だったりと 果たして何時着ればよいのかしらん、、と思い悩むお客様もおられる一方

亜米利加西海岸やら 短い欧州の夏を経験なさった方なら一様に 「成る程ネエ」と腑に落ちるやふであります・・・

といいますのも、あちらはほぼ一年中湿気とは無縁の地でありまして カラリと乾燥した気候ですから

日中袖なしやら半袖のにっとで過ごし、寒暖差ある夜は革ジャンパアを羽織って一パイ引っ掛けに街へ急ぐ男女、

若しくは対のカアディガンを優雅に肩に掛け、ビストロにてグラスを傾けるマダムの姿等もよく目にする光景



とはいえ、我が国ではご存知のやふにうだるやふな真夏がもれなく毎年訪れるのでありますから、

真夏直前迄は一枚で愉しみ、初秋以降はカアディガンやら羽織物と共にお召しになると大変結構かと存じます

また、その多くはアクリル製やらサマアウール製のものも多くありますので さほど扱いは難しく御座いません


わたくし個人的には セイラア襟風の趣向やマリンルックに相も変わらず目がないのでありまして、

襟下にリボンを通して用いたり、釦を袖口やら襟元に縫い付けたりしながら愉しんでおります



この度は、この夏に向けてお出しした中より数点、スカアフと定番のベレエを用いましてあわせて御座います

中には有難き哉、既にお客様のもとへ旅立ったものもありますが、この夏のすたゐるのご参考になりましたら幸い



P1070323_400.jpg






P1080040_640_400.jpg


P1080032_640_400.jpg




パールHPへようこそ
Pearl


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ