仏蘭西珍道中記 ~ハプニング篇~


今回のフランス買い付けの旅でのコネタを2つほど

今回初めて中国国際航空を利用しました(最安値だったので)

福岡→上海、、、1時間遅延
上海→巴里、、、7時間遅延(!?)

・・・

疲れました…
(詳しくは相方がそのうち書くでしょう、たぶん)




巴里滞在中、必ず2日に一回はいろんな人に絡まれます

そのほとんどはストリートスナップ、この服(または帽子)は何処で買ったのか?といった内容です
(動きやすさ重視で大した格好はしてないのだが、、、珍しいのでしょうか?)

今回は

青空断髪

現地の古着屋さんで突然声をかけられました

「君の髪、スゴイいいよ! このカールがどうのこうの、ココをこうしてああしてちょっと切ったらもっとクールだぜぇ」

「言ってる意味分かる?」

わたくし(かなり圧倒されて) 「・・・ウィ」

「ぜひ切りたい! ちょっと切らせてくれ!!」

わたくし(聞き間違えたのかと思い) 「は?なんて?」

「いいからちょっと来て!」

意味が分からないまま外に連れ出されて、彼はおもむろに自分のバックからハサミを取り出しました

「チョォォットだけだから切るよ!」

わたくし(本気だったんか!) 「ホントに切るん?? オレ金もっとらんぞ!」

「オーケーオーケー、ほんとは20ユーロもらってるけど君だけは特別ノーチャージでいいよ」

わたくし(かなり疑心暗鬼) 「絶対ノーチャージやね?」

彼は一応プロのヘアドレッサー、何処の美容室にも属さずこんな感じでストリートで髪を切っているらしい…

まあ、、、美容室で切るのと違ってシャンプーなし、髪をぬらさずクシを通すもんだから

私のクルクル巻いた癖毛にひっかかりまくる!

更に強引に引っ張りまくる!

わたくし(半ギレ状態で) 「いてえよ!」

「がまんがまん」



「OK OK , So Coooool so much better... Can I ask you 20EURO?」

わたくし(!!?) 「Hey! you said no charge!」

「OK no charge...」



「Can I ask 5EURO?」

わたくし 「ノン」

「2…いや1ユーロ」

わたくし 「…いいよ」

なされるがまま髪を引っ張られ、切られることおおよそ15分

その間通りすがりの人たちの注目の的、かなりの人が写真をとっておりました

まるで見世物状態
(そのときの様子を 今回数日間同行したモアのM店長がカメラに収めております)

いい思い出になりました
(その日は1日中頭皮がジンジンしておりました)







次回催しのお誘いもご覧くださいませ…

koly_1301719035_1-art-deco-frame - コピー - コピー


パールHPへようこそ
Pearl



スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ