冬将軍、来タル



列島を縦断するかのやふに 紅葉が各地で見頃を迎えて居りますね、、、 


冷え性で手足が氷のやふに冷たくなるわたくしにとりましては 少々こたえるこれからの季節ではありますが、

街行く淑女に乙女の頬は自然と紅潮し 陶器の如く澄んだ肌が美しく映えるのは寒さのもたらす魔法と申せませふ




さて、紅葉狩りにもってこいの季節 真珠では淑女たちの肌映りをなおよく見せてくれる羽織物が並んでいます

その中から、より時代の馨り漂いますものを 何点かご紹介致しませふ、、、




P1170625_400.jpg

P1170626_400.jpg


こちらは、黒地に紅の水玉(正確には四角)模様がなんとも鮮やかな1970年代のコートであります

大きな釦にバックル、果ては裏地までくれない色… 特に裏地は今時期沈む入日色 とでも言いませふか

袖の広がり、やや深めにあいた襟元から大きく伸びる襟は 当時一世風靡した伝説のBIBAを髣髴とさせますね

30'sの温故知新すたいる:BIBAについては こちらをどうぞ → 退廃なる馨り



P1170629_400.jpg

P1170631_400.jpg


さて、お次は『ローズマリイの赤ちゃん』でお馴染み:ミア・ファロウ張りの短髪乙女に着て頂きたいこちら、

柔らかい人工毛皮のベビー・レオパード柄に豊かな丸襟が 無垢な少女の中に潜む毒気を感じさせます

裏地にMade in Germanyと御座いますが、日本人同様に質実剛健:生真面目なイメージのあるゲルマン民族も

1960年代にはかやふな遊び心ある羽織りをこしらえていたのですね・・・  嗚呼 愛らしい

御一緒に、額とお鼻が豹柄の リア・スタンによるセルロイド製ブローチは如何でせふ



P1170632_400.jpg

P1170635_400.jpg


続きましたるはこちら、、、 プードルのやふな巻き毛の羽織物であります

アストラカン(ロシア地方の山羊)の本革コートに憧れるけれど、少々重いのとお値段が張るのがネエ、、、

といった方にもうってつけ… 何故ならファーを模したニット地ですので 軽くて温か、お財布にも優しい

襟の釦を留めれば北風を凌げますし 釦を留めざれば後姿はアラ、敬虔なる修道女のやふな慎ましさ・・・

お袖は思い切った趣向の六部袖すたいる、長い手袋とあわせてサアお出かけ と参りたいものであります



P1170648_400.jpg

P1170651_400.jpg


トリはこちら、、 美しいブルーが灰色の冬空に映える1940年代の羽織物であります

出逢ったのは忘れもしません、買い付けの最終日… 空港に向かふ直前の巴里のとある店先にて、、、

多くの品が雑多に吊るされた中でも、遠目にも素敵な品であることが何故かわかるときがあり これもさふでした

仏蘭西らしひといふより ウエスタン要素などこの時代の亜米利加らしきユニイクさが満載!

既製品ではなく オーダーか手作りされたこちらは正真正銘この世に一点… 貴女との巡り合いを待っています





…とまあ、たった四点では御座いますが 時代感が漂ふ羽織物を駆け足でご紹介させて頂きました

こちらを含め、福沢諭吉先生お一人 もしくはお二人でお釣りの来る暖かい羽織物を他にも多数ご用意しています

上着にあなたらしさを醸し出しつつ 冬将軍に負けぬやふ、この時期ならではの御洒落を愉しみませんか、、、 




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております




 
スポンサーサイト

Comments

いやん♪
2番目の毛皮のいいやん!
  • 2012.11.10 13:38/
  • HACHI URL/
  • 編集

Re: タイトルなし

ご無沙汰致しております・・・

豹柄が基本的に似合わないわたくしにとって、とてもお似合いになるアナタ様が羨ましい限りですわ。

ムック無事でなによりなによりヽ(*´∀`)ノ 紳士
  • 2012.11.10 18:04/
  • 真珠夫人 URL/
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ