礼装あら・もおど



本日、博多の地では全国に先駆け 桜の開花宣言が出た模様・・・  


春の足音と共に、例年今時期増えてくるのが 厄介な花粉の飛散、、、と それもそうでありますけれど、

有難い訪れと致しまして、冠婚の場や卒入学式等の式典に向けた衣装をお探しのお客様の増加が御座います



そこで、今宵は 大変拙いモデルではありますがわたくしが着用して 礼装・準礼装着をご紹介したく存じます



P1230029_400.jpg

P1230039_320.jpg

先ずはこちら、ベルベット地の気品にドットチュールやリボンの愛らしさが好対照の袖なしドレスであります
首元には模造パールにリボンモティーフのネックレス、ドット柄が編まれた手袋を合わせて遊び心を偲ばせました
1950年代の 可愛らしいものを追求する作り手の想いが伝わるやふな、丸みのあるシルエットが特徴です 



P1230073_400.jpg

P1230082_320.jpg

同年代の黒の礼装でも タイトに近いIラインとなりますと一転、ぐっとシックな大人の装いへと変貌致します
鎖骨が美しく開く首周りには、ケエプ状のレエスと大きなリボンが配され 一層華やかさを増して御座いますね
ドレスと同じく1950年代のラインストーンタッセルネックレスに スパンコールヘッドドレスを添えて、、、 


 
P1230042_400.jpg

P1230049_320.jpg

さてこちらは、裾のスリットやらに何処かしらシノワズリ(中国趣味)の影響を感じさせる 艶のあるドレスです
腰辺りに入ったギャザーが素材の柔らかさを スパンコールが貴女の魅力を引き出してくれることでせふ、、、
屋外のパアティなら、和傘で往時のモガを気取ってみては如何… 勿論、屋内の間接照明にも映えることうけ合い



P1230053_400.jpg

P1230061_320.jpg

庭園パアティなら、こちらも負けません・・・ 1930年代風の70年代もの、淡いサーモンオレンジのプリーツドレス
共布の幅広ロングスカアフは、頭に巻くも首に巻くも腰に巻くもよし… 貴女のお気の向くまま どうぞ
ハンカチイフスリーブは、女性の腕に適度な透け感を与え 動くたびに軽やかなる風を優雅に巻き起こします
 





よくご婦人のお客様に尋ねられるのが、礼装には黒が良いのか色物が良いのでせふか…といったご質問であります

葬祭の場には勿論 光物は厳禁のブラックフォーマル、と相場が決まっており案外悩まないものですけれど、

晴れの場の礼装といふのは 何処までが許容範囲かしらと 伺う場所や相手によっていろいろと思い悩むもの・・・


教会・神前式などでは露出を控える 蛇革素材など殺生を連想させる素材が避ける等は知られたルールでせふが、

大枠を踏まえていれば さほど厳格にかしこまりすぎてとらえなくても良いやふです 
(注:御着物でのご出席の場合は、お詳しい方にご相談を)


たとへば、ご親族内や目上の方の冠婚の場ではシックな装いを お友達に招かれた際は華やかな装いを、と想定し

黒の礼装と色や柄物を先ずはそろえる といった考え方も御座いませふ

また 会場がホテルなど屋内なのか はたまた庭園など屋外なのかによっても 必要なものが異なりませふ

とはいへ、晴れの場では 黒一色といった喪を思わせる装いではなく、装飾品やらで華やぎを加えるのが大切です



f0154106_105769_400.jpg



晴れの日までにお日にちが御座いましたら、お手持ちのものを思い浮かべたり実際に持参なさったりしながら

何より どんな装いで当日その場に立ちたいかを思い描き 気長に愉しんで探されることをお勧め致します 




さて、先日告知いたしました 「JUNGLE BAR WEDDING SPECIAL」 まであと数日となりました!

こちらの催しは、事前予約などは必要ないさふですので 春の祝宴を皆様共に堪能しやふでは御座いませんか





パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ