夏のマドモアゼル ~その壱~




梅雨も明け、灼熱の熱波が日本列島を覆っておりますここ数日、、、

深呼吸も苦しいやふなコンクリイトジャングルの熱帯に住んでおりますと 日々出かけるお洋服にも思案もの・・・


そこで今宵は ご婦人方にとってはサラリと纏うだけでサマー、いや さまになる、ワンピイスをご紹介しませふ


毎度ながら 手足の決して長くはない、拙いわたくしめがモデルで 相スミマセン、、、




P1280767_400.jpg

先ずは、1950年代あたりのものと思しき カシュクールの首元が美しいドレープを描くワンピイスであります
とろみのあるレイヨン地に、ナイロンのペチコートまで付けられた 手の凝ったお仕立てのもの
何と言っても腰下からさざなみのやふに波打つカット、たっぷりヒダの寄せられたハンカチイフ袖にうっとり・・・




P1280784_400.jpg

こちらは、柔らかきシルクシフォン地に多色使いの花柄が優しく映える これまたハンドメイドのワンピイス・・・
一番の見所はハンカチイフ袖や肩のデザイン、でありますが 詳細は紳士がWeb Shopにてご紹介しております
30年代・70年代に多いハンカチイフ袖は、適度な透け感に動きのある形状が 腕をスラリとみせてくれる優等生




P1280806_400.jpg

お次は、昔々のギリシャの貫頭衣や 1910年代の着物るっくを思わせる 1970年代製細かいヒダのワンピイス
腰位置が定まっていない為 ベルトやこのやふなスカアフにて、腰高気味にも腰低くも着られます・・・
ボートネックの両側には小さなラインストーン釦が二つ、鈍い光沢により 動くたびに陰影が生まれてアラ素敵




P1280813_400.jpg

最後は 1930年代の馨りを醸しだす、1970年代製こっくりとした朱赤に花を散らしたワンピイスであります
所謂30年代リバイバルものの70年代デザインは、素材はポリエステル等と量産できる物に変わりますが
肩幅が狭めであったりと、小柄な大和民族には寧ろ着易いこともしばしば、、、腰周りの切り替えが存在感アリ





さて、次回は チョイトした華やかな場や 一部礼装の場にもお使い頂けそうな 

ロング丈のドレスを中心に ご紹介したく思いますので ご興味ある方はお愉しみに、、、




RL05940_1L_400.jpg
「Bon été (よき夏を)!」



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ