ヨコシマな君



ブルル、、、  そろそろ末端が冷たくなって参りました

芯から底冷えする季節、毎年引っ張り出してくるセータアが御座います

十年以上前に買った 肉厚の羊毛で編まれた横縞柄、肩のボタンが小粋な子供用・・・

風を通さない頑丈さは、冷え性のわたくしの心強き見方であります


brandhistory-pic.jpg
オーチバル社HPより



仏蘭西の人々と横縞柄は切っても切れない間柄・・・

古くは1800年代後半より、猟師や船乗りの仕事着として生まれたマリンセータアは

仏蘭西海軍の制服としても採用された綿のバスクシャツと並び、本国でもお馴染みのもの

セント・ジェームス社はじめ ルミノア社、オーチバル社など老舗が今日でも健在であります

パンの指でおどけるピカソのブロマイドは、あまりにも有名なバスクシャツの着こなし


picasso in border_400


chanel in border


海の男の浪漫の象徴であった横縞を、モオドにいち早く取り入れたるは・・・

売り出し中のマドモアゼル:若き日のココ シャネルでありました

華奢なココの着る 少し肩の落ちた男物の縞のアカ抜けた装いに 保守層は度肝を抜かれます


brigitte in border_400

jean in border_400


その後も、50年代のブリジット・バルドー嬢 60年代のジーン・セバーグ嬢等、

仏蘭西のヌーベルバーグを彩るキネマスタアは皆、独自の横縞の着こなしを持ちました


今宵は、仏蘭西を代表する柄:ヨコシマのものを中心に ご紹介致しませふ
なほ、マリンセータアについては無地含め 様々御座いますのでWEB SHOPをご覧下さいまし


P1470785_400.jpg
オーチバル社のバスクシャツに幾重もの模造真珠を、、
巴里のエスプリをきかせた装いは、マドモアゼルココへのオマージュ



P1470790_400.jpg
海の荒くれものの剛健さは、都会の空の下でもしっかりと感じられます
潔いボートネックから鎖骨がのぞき、鍛え上げられた胴を地厚リブが暖かく包んで
ボートネックニットの詳細はコチラ…



P1470792_400.jpg
永く変わらぬ錨ボタン付セータア、わたくしのものとほぼ同型のもの・・・
羊毛の肌触りが苦手な方、綿のとっくりとの重ね着をおススメ致します
ルミノアマリンセータアの詳細はコチラ…



P1470796_400.jpg
無造作に巻いたリブ襟巻きに変わりベレエで、30年代のキネマスタアを気取って…
オールドバーバリーのカシミア大判ストール、英国老舗の誇る質の高さが縞と好相性





個人的に、「定番」といふ言葉は軽々に用いません

格子柄に無地に、しっくり馴染むものが各々のすたいるを形成する元素となるのであって、

どなたにも似合い、誰でも好むものなどこの世に存在しないであらふから



一方で、「時代を超える」ものはある と信じております

横縞とは、そんなもののひとつではないでせふか




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ