小粋な巴里娘 ~その弐~



さて、前回とはうって変わり・・・ 今宵は「宵の小粋な巴里娘」と参りませふ



亜細亜と違い、夏季は極端に日の長い欧州では 22時頃やっと薄暗くなる程度…

巴里のビストロ等でも19時以前にはおつまみ程度でさえ出さないところも多いやふで、

せっかちな大和民族と違い、葡萄酒や麦酒を飲みつつ前菜前を実にゆっくり愉しみます


そして、とにかくお喋り(というより議論)好き! 

現地の妹曰く、わたくしは性格的には仏蘭西人の気質に合っているさふでありまして、

お呼ばれでも 食事前の軽いアペリティフで話し込み数時間、なんてこともよくあるとか

ビストロ等で目前の料理が冷めつつあっても喋り続ける姿は、最早圧巻の一言! 

時には家で食事を済ませ、やっとこさ「夜遊び」に繰り出すのが21時過… 巴里の夜は長し



そんな長き宵の好きなマダムの卵を想定し、スペシャリテの三着をどうぞ 召しませ…


P1550128_512.jpg
チュールレエスに浮かぶ青ラメ糸の銀河・・・ 50年代のハンドメイドです
単なるフレアと思ったら大間違い、下にタイトスカートが重ねてあるのが大人の馨り
青スパンコールのヘッドドレスで、パリジャンの瞳は貴女に釘付け!
ハート模様模造真珠バッグの詳細はコチラ…




P1550138_512.jpg
重厚なレエスにサテンの切り替え、前後Vカットの潔さなど、ため息の出るロオブ・ノアール
裏に手書きシリアルナンバーがある為、50年代のどこかのメゾンの手によるものか…
合わせたるは柔らかなラベンダーの小物達・・・セーヌのディナークルーズと洒落こむもよし
藤色ヌバッグのバッグ詳細はコチラ…




P1550144_512.jpg
こちら割と近代のドレスかと思われますが、張りあるオーガンディーにピンタックがシック!
50年代の黒硝子ネックレスが間接照明に影を落とし、魅惑的なレディに仕立ててくれませふ
「ダウントン・アビー」のヴァイオレットお婆様も顔負け、大変珍しい帽子でエンジをリフレイン





かつては日本同様、少子化問題に悩まされていた仏蘭西ではありましたが、

ベビーシッター制度の充実、教育面はほぼ無償の社会福祉改革も下支えし多子化へ…

「大人の為の文化」が確立した仏蘭西では、「素敵な夜遊び」は子供の憧れであり、

子らは皆「早く大人になりたい」と願うものださふで、「子供で居たい」我が国とは真逆であります


 
独身貴族は勿論のこと、パパママさんたちが子を寝かしつけた後、颯爽と出掛ける…

子を持ちたいカップルは持ちたいだけ、子を必要としないカップルも自由に存在し得る、、、

我が国でも、それが当然の事になる日が来るか来ぬかは 国民次第でもありませふ




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ