とてシャン女 ~月光篇~



さて、前回の~太陽篇~に続く今宵は、その名も「~月光篇~」、、、

華やかかつ大振りで太陽の似合ふ首飾りとは真逆、

つまり、おぼろげな月光を髣髴とさせるやふな、繊細で神秘的な首飾りたちであります

明日、太陽篇・月光篇共にWEB SHOPにも登場予定でありますので、お愉しみに…


P1550393_512_20150718194032f1c.jpg
瑞々しいビイズが細かく編まれた、女神のやふに神々しいチョーカー
中央に五連に下がるカット硝子が、華奢な首元をより透明感あるものに
アンニュイな雰囲気のコサアジュで黒髪を飾れば、月光も貴女の味方…



P1560339_512.jpg
1920~30年代頃、カット硝子にアール・デコのムウド漂ふ金具がモダン!
多面に切り出された硝子が夜空に煌き、さりげなくも個性を放って…
わたくしも愛してやまない、この年代特有のロマンティックさに満ちています



P1550426_512.jpg
天の川が姿を変えたら、こんな首飾りに姿を化けるのでせうか、、
糸の銀河に浮かぶビイズ、その先端には雫型の流星が無数に瞬きます
ラリエットではなく、既に留められたYの形状が ロングドレスとも好愛称



P1550427_512.jpg
蒔絵のやふな金の塗りのあるウッドビイズが所々、ジャポニズムを思わせます
オリエンタルな気分で、またモオドな装いのスパイスとして…
黒の多連ビイズが、貴女のお洒落に深みと奥行きを与えてくれさふ 



P1550432_512.jpg
おそらく1930~40年代頃のもの、潔い黒のカット硝子が小粋な逸品…
トップに付いたひし形硝子が胸元に影を落とす様が、何とも艶っぽいもの
シルクヴェルヴェットの中折れ帽を斜に被り、夜のネオンに繰り出さふか





いにしへより、満ち欠けにより様々な現象を呼ぶとされる「お月さま」、、、

個人的には、常にまばゆく輝く太陽より 形状や距離を変えつつ凛と佇む月が好きです


ウディ・アレンではありませんが、月の力を借り 今宵貴女にも奇跡が、、、

「マジック・イン・ムーンライト」は信ずる者にのみ起きるのかもしれませぬ



tumblr_murum4kMoD1qzx4bjo1_500_400.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ