情熱のノワール ~その壱~


恐ろしいほど急激に深まり行く秋の気配、、、

四季の上で秋をこよなく愛するわたくしにとっては、胸踊る季節の到来です




もうひとつ、真珠家の胸を躍らせているもの それは『情熱のシーラ』、、、、

25か国語に翻訳されたスペインのベストセラー小説をドラマ化し、NHKにて日曜23時から放映中

第二次世界大戦時のスペインとモロッコ、ポルトガルを舞台とした魅惑の“ロマンス・ミステリー”



貧しきお針子からスタートし、オートクチュールの店を開くまでとなって懸命に生きるシーラ

だが、ナチスドイツ高官の妻たちを顧客に持つゆへ、対立する英国から危険なスパイ活動を頼まれ・・・

祖国スペインを内戦やナチスの手から救う為、偽名を使い暗躍するシーラの運命や如何に!?


maxresdefault_512.jpg


同枠で放送され、現在次シーズン待ちの『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』は、

一流貴族家系に生まれた三姉妹が第一・二次大戦を経る上での変遷や顛末を描く物語・・・

一方の『~シーラ』は、腕一本でのし上がり運命を翻弄される一女性の苦悩を描いたもの



そして、何といっても注目は エキゾチックな美貌を持つシーラ自身の装いは勿論、

富裕層のマダム達がこぞって注文する仕立て服の豪奢さときたら!

大戦目前で物資乏しき中でも、金に糸目はつけず高級布地を纏い晩餐会に出向く彼女ら

往時のドイツの勢力を実感すると共に、高級クチュリエの作るドレスに思わずウットリ・・・




戦争間近な時代背景、シーラの平素の装いは黒や茶、紺等の2ピースが多いのですが

中でも「黒」、といふのはチョイとした曲者、生地や仕立ての良し悪しが出やすい難色でして・・・

下手すれば寂しげに、上手くすると正に朱よりも「情熱」的に魅せることが可能な魔の色!


シーラが劇中で着ていても不思議でない、そんな魅惑の黒(ノアール)ドレスを今宵はご紹介


P1580930_512.jpg
意中の殿方との危険で秘密の逢瀬には、とびきりの仕立てドレスで!
深く開いた胸元、大きな襟、そして情熱的な装飾が施された折り返し袖
織り生地のパンケーキ帽で、美貌の面立ちをわざと斜に隠して・・・
装飾袖ドレスの詳細はコチラ・・・
カット硝子首飾りの詳細はコチラ・・・




P1550371_512.jpg
情報を聞き出すべく、高官マダムに招待された晩餐会に出掛けるならこんなドレス
腰のシルクサテンから畳まれたループ状のデコレーションに、マダムの目は釘付け!
黒の異素材使いに、羽使いの帽子、タッセル風首飾りが品性を感じさせます
変わり帯風ドレスの詳細はコチラ・・・
タッセル風首飾りの詳細はコチラ・・・




P1550361_512.jpg
気を許せるお友達とシーラがエスプレッソを飲みつつ近況報告するとき・・・
チェリーのスタッズが愛らしくもエレガント、思わず笑みがこぼれそう
立体的な袖のギャザー、パッド入りの肩等40年代前半らしさに満ちた一点
チェリースタッズドレスの詳細はコチラ・・・
チェリーブローチの詳細はコチラ・・・





当方にご来店のマダム達とお話していると、大概二言目には「シーラ観てらっしゃる?」


そう、戦前は仕立ての中にも 一般向け縫い子さんと高級クチュリエが各々活躍し…

それぞれの注文主の寸法や好みに応じて、存分に腕を振るっておりました

マダム達の親御さんは、それを知る最後の世代でもあります


戦後暫くは、大手メゾンの復帰もあって高級クチュリエも息を吹き返しましたが、

急速な既製服の浸透で、今や世界でも一握りの人のみ手にする「高級仕立てもの」



往時の栄華や誇り、そして縫い子さんのほろ苦い涙さへ感じ取れるやふな、、、

そんな品々を探す旅物語は、果てしなく続きさふであります




「真珠夜會」第四夜についてはこちら・・・
第4夜表_320



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ