すたゐる実験室



さて、前回のジャニス・ジョプリンに続き 今宵も「戦慄のアノ時代」、

さふ 1960年代末~70年代を振り返ることと致しませふ




「わっしょいわっしょい」、とベトナム反戦や安保闘争に学生が明け暮れるなか、

我が国の芸術にも大きな変革の季節が訪れておりました・・・


1967年、寺山修司による演劇実験室「天井桟敷」が旗揚げされると、

街中、テント小屋や劇場・・・まさに神出鬼没の「実験」的芸術が試みられました


1410_400.jpg
かの有名な『毛皮のマリー』巴里公演のポスター・・・
宇野亜喜良氏による広告画のなんと挑発的で斬新なこと!
スポンサーである「PAN AM」航空の懐の深さも潔し




寺山芸術は勿論、この時代のサブカルチャーに不可欠であった「宇野亜喜良」氏、

氏の描く 痩せこけて何処か中性的な肉体を持つ男女、うつろなその瞳の先…

70年代当時、眉を剃り落とすことは「宇野亜喜良スタイル」と呼ばれ、

所謂「アングラ」な若者らの間で流行したさふであります



時代はポップな近未来志向から、あるものは退廃的なロンドン発:BIBAの装いを…

またあるものはサンフランシスコ発のヒッピー的思考へと様々に分化してゆきました



この時代の根底にある共通項、それは「外見」としての男女の性差がなくなったこと

当時のファッションが似合う平らな胸やお尻に憧れた若者たち、、、

BIBAをはじめとした世界的な1920~30年代モオドのリバイバルムウドも手伝い、

デカダンスでどこか浮世離れしたお化粧や装いの男女が都会の隅にたむろしました



今宵は、そんな享楽的な時代を偲ばせる 70年代の華麗なる遺物のご紹介でアリマス


P1590620_512.jpg
70年代に流行した、バタフライ型の総スパンコールトップス
30年代の長スリットマキシスカートとあわせ、気分はBIBA娘!
ラメやスパンコールといった玉虫色の輝きは時代の映し鏡か
バタフライスパンコールトップスの詳細はコチラ・・・
30年代ロングスリットマキシスカートの詳細はコチラ・・・




P1590548_512.jpg
こちらも30年代ムウドがプンプン漂ふ、70年代マキシニットドレス
胸元のうねりやパフ袖、細くなる袖先がまことにエレガントの極み・・・
スキャパレリを思わせる30年代の帽子が前衛的かつ退廃の馨り
マキシニットドレスの詳細はコチラ・・・
ゴブランバッグの詳細はコチラ・・・




P1590538_512.jpg
詰まった首元に三角に開いた胸元、首や袖口のラメやシャーリング、
細部にわたる30年代前半らしさ、それを誇張するのが70年代の醍醐味
70年代宇野氏による下の「MAXFACTOR」の広告へ捧ぐ・・・
ラメシャーリングドレスの詳細はコチラ・・・
総ビーズ巾着ショルダーの詳細はコチラ・・・



72580e67_400.jpg




父には申し訳なくも、頑丈な骨格を受け継いだ時点でツウィギーにはなれぬこと、

けれど所謂グラマラスでもない中性感を持ち合わせたのが自身の持ち味であること…


試行錯誤を繰り返した若かりし頃が わたくしなりのすたゐる「実験室」の芽生えであり、

それは今も、そして生を終えるまで続いてゆくことでありませふ、、、




「真珠夜會」第四夜についてはこちら・・・
第4夜表_320


パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ