猫目の世界



本日は、英国のEU離脱が採択された歴史的な一日となりました…

英国国民の意思は尊重しつつ、世界的に極端なナショナリズムが台頭する昨今

どこか第二次大戦時の前夜を思わせる きな臭いムウドが気になります



◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇



さて、そんな欧州はフランスからこの度はるばるやってきました品々、

中でも今宵は なめ猫以来?の大ブウム:「猫」のブローチを中心にご紹介
 

whtcat1.jpg



幼少期に犬を飼っていたこと、自身の性質が犬のようだと言われることもあり・・・

猫に関する生態については個人的に全くもって謎に満ちていますが、

猫狂の素敵な諸先輩方曰く、構ってほしいと来た時以外は放ってもよしとのこと


彼らの凛とした立ち姿や眼差しは、どこか心の内を見透かされるようで、、、
思わずこちらの背筋までシャンと伸びてしまうのはわたくしだけでせふか



さて、今宵の主役は フランスの生んだ奇才:Lea Stein(リア スタン)のブローチ…

「20世紀のプラスチックジュエリーで最も著名で革新的なデザイナー」と呼ばれた彼女、

その軌跡については以前の「戯れ言」をどうぞ → セルロイドの虹



P6240335_512.jpg
高齢にして今なお現役:Lea Steinの代名詞のひとつでもある、猫モティーフ・・・
圧縮セルロイド層の生む絶妙な色合いで、不思議な佇まいのまだら猫の誕生




P6240344_400.jpg
P6240339_512.jpg
同じ猫シリーズでも、年代により作風が異なるのが彼女のファンの多さの所以
アール・デコ様式を思わせる直線的で強い色彩、全く異なる裏面にもご注目!




P6240352_400.jpg
P6240347_512.jpg
こちらも彼女らしいエスプリの効いたモティーフ:ピエロ、今回はキッチュな色合い
顔で笑って心で泣いて…ピエロは永遠の憧れ、その裏面は宇宙から見た地球のやふ






ラング・ド・シャ(仏語で猫の舌)はじめ、身近なお菓子や映画でも猫にまつわるものは多く、

古代エジプトでも神聖な動物として崇められたほど、高貴な佇まいが魅力の猫たち…

一方で、猫目のようにクルクル変わる 自由で気まぐれな性分は孤高のジプシーのやふ


目が回るやふな世界状況、、、 猫目には如何に映っておりませふか

 
136a4595201de2eef469125655006728.jpg




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ