伊達男に捧ぐ ~カフリンクス篇~



バケツをひっくり返したような雨、とはよく言ったもの・・・

高温多雨の中、連日ご来店下さるお客様には本当に頭が下がる思いであります




さて、婦人もののお披露目が続いたところで 今宵は紳士ものと参りませふ


Tシャツ等軽装が多き今時期、洒落者の殿方は口を揃え「秋冬が恋しい」と申されます
なれば、屋内での催しや祝いの席等で 密かなお洒落を愉しまれては如何…?

そんな思いも込め、今宵は「カフリンクス」を、次回は「タイ」をご紹介


3363241517_d4385b705c.jpg

「サアサア、かといって普通に紹介したのぢゃあ つまらない…
ってなワケで、今宵は格別に かの名高いエルテ画伯による器に乗せてのご登場!
ハイハイ、お代は見てから 見てからで結構だよ~」



ということで、資生堂花椿倶楽部の 上顧客向けノベルティ器(1990年・個人蔵)を額縁に

アール・デコの奇才:エルテの摩訶不思議な世界観も共に味わって頂けたらこれ幸い…


上下の画風も示すやふに、東洋趣味かつ絶妙なバランス感、

作品全体に漂ふ危さやエロティシズムがなんともわたくし好みでアリマス




★Erte(エルテ)★
ロシア出身の画家であり、舞台衣装デザイナー (本名ロマン・ド・ティルトク)
1908年 巴里にてポール・ポワレに認められ、ファッション・デザインやデザイン画を学ぶ
バレエや演劇の舞台画、ミスタンゲットやマタハリなど大スタアの舞台衣装を手がけ、
「アール・デコの寵児」として、デコ様式の代表的作家となる


103958 (1)_512



今回の買い付け旅・・・  紳士ものは特に装飾品が通常より多く入って御座います

中でも、伊達男には欠かせぬ袖もとの隠し玉、と言えば「カフリンクス」・・・
1920~50年代までの品を中心に、まだまだ掲載しておらぬものも御座います

カフリンクスとは何たるかについては、過去の「戯れ言」をどうぞ → 男って… ~その壱~



P7050001_512.jpg
1920~30年代に多く見られたチェーン式のダブルフェイス(両面)タイプ
直線的な幾何学紋様が潔く、都会的なダンディズムを醸し出します
エルテの断髪娘は、デコ紋様のタイバーも気になるご様子…



P6240377_512.jpg
こちらは40年代以降のスウィブル式の多種多様なカフリンクスたち
コインを模したものや車柄、スペインの伝統工芸によるもの等…
エルテの描くエジプト世界に負けぬ、妖しき輝きを放っております



P6240372_512.jpg
デコ様式発祥の国:フランスでは意外と少ない、デコ!な趣向のブレスレット…
金古美に黒、緑の配色がまさに1920年代、エルテ画のアラビアン美女もうっとり
美しいマダムのもとへと参る予定でありますが、お許し得てご紹介のみ





さあて、渋いカフリンクスをいくつも集めたはいいが ダブルカフスシャツを持たぬゾ・・・

伊達男たるもの、そんなオチのつかぬやふ… ご用心あそばせ!




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ