11年ものの真珠



梅雨明け、カラリと涼やかな木陰に 心も晴れ晴れするこの頃…

皆様、暑中お見舞い申し上げます




7月をもちまして 当方は開店11年目・・・

ひとえに、ご愛顧頂いた皆様のお陰と 感謝申し上げます

今後も変わらぬご贔屓の程、どうぞよろしくお願い致します



1920s_art_deco_woman_smoking_postcard-r7fe9ce73d15d47d4a97a3b14c7989346_vgbaq_8byvr_512.jpg



11年目にあたり、英国の素敵な品々との出逢いが御座いました

今宵は、お世話になったアノ方コノ方のお顔を思い浮かべつ、、、
真珠より、”Sweet Heart”を込めてお届け致します 


◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇


P7220427_320.jpg
P7220422_512.jpg
おそらく1930年代以前のものと思しきスウィートハートブレスレット
ハートにはロマンティックな花の彫りが…S字蛇腹バネの細工も見事
裏にCo-Star STERLING BASEと刻印あり、箱つきなのも珍しきかな


スウィートハート ブレスレット
1900初頭~40年代にかけて流行したブレスレット
大戦中、恋人や夫婦間で贈られたことから ハートのモティーフが好まれた
中にはロケットタイプもあり、相手の写真を偲ばせ身に着けることもあった




P7220430_320.jpg
P7220439_512.jpg
1940年代前後か、ストラトン社製刻印入りのシガレットケース
蒔絵をおもわせる花の紋様に、古美色のべースが経年の美しさを放つ
煙草を吸わない方なら、カードケースやお札入れとなさっても小粋!


Stratton(ストラトン)社
1860年に英国はバーキンガムに設立された老舗… 
初めてStratton社がコンパクトケースを製造したのは、1900年代の初め頃
自動車が普及し始め、活動的になった女性達は携帯用化粧品を必要とした
1920~30年代、社のコンパクトが大ブームとなり、 "Stratton"はコンパクトの代名詞に
その頃のStrattonは、今日ではアンティークとして大変価値が認められている
他にも、シガレットケースを始め 工芸品とも呼べる美しい化粧小物類を世に送り出した
現在でも、当時から受け継がれた手作業による組立てと丁寧な仕上げが施されている



P7220403_320.jpg
P7220405_512.jpg
1920~30年代以前の、大層細かな目の刺繍を施されたプチポワンバッグ
かつてはマリーアントワネット等ハプスブルグ家も愛用したといふ伝統工芸
状態よく構図美しきものは、今や博物館に並んでもおかしくないとも…


Petit Point(プチポワン)
フランス語で「小さな点」との意味を持つ、極めて細かい手刺繍細工のこと
18世紀頃、オーストリアの首都:ウィーンで生まれた技法と言われる
1平方cm中に121~225目あるものが”プチポワン”と呼ばれ、
それ以下の目の大きなものは”ニードル・ポイント”と区別されることもある
現在では再現不能の高度な作りのものは、コレクターたち垂涎の憧れである





「月のしずく」 「人魚の涙」とも呼ばれている”真珠” ・・・・

当方の屋号とするのはおこがましくも、「いつの時代も変わらず照り輝くもの」

そんなものになれたら、と思いつ まだまだ巻きや照りの浅い真珠で御座います




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ