熟する季節



立秋を過ぎ、台風の時節がやって参りました


日が高いうちは息苦しい程の熱波、夕方頃にフラとデパアトメントに出向き…

秋色に染まりつつあるお化粧品売り場をそぞろ歩いてみました


わたくしにとってお化粧品とは何はなくとも不可欠なものであり、心躍るもの
蚤の市に赴くのとは違った種類のアドレナリンが分泌される 媚薬・・・


ご婦人ならば、お母様の化粧台の引出しをそっと開けた経験 ございませんか
七五三で初めて紅をひいた時の胸の高鳴り、、 (アラ、違うわたくしがいる)


・・・熟したプラムのやふな紅を手に取り、来る秋を想うのでありました



きりりとした面立ち・豊かな頬に、熟したプラムの紅がお似合い! 1930年代後半の艶娘さん
6538752561_ce5872d2c1_201608091527297ac.jpg


とはいへ、日本の 特に今夏は暫く暑さとの我慢比べが続きさふであります

そんな訳で、涼感感じつつ 初秋の気配漂わせる色合いの花柄ドレスのご紹介



花の種類や生地の風合いなど・・・”花柄”と一言でくくれぬ奥深さ、ご覧アレ

いずれも趣向凝らした手作り、花の芳香のみならず時代の空気まで薫るやふ



P8050009_512.jpg
庭園挙式なさる花嫁さんにもお似合い、無垢な印象の多ボタンドレス
デイジーのやふに儚げな総花刺繍地と、首元のカットの潔さが好対比
薔薇ヘッドドレスや模造真珠は、あえて経年の味を醸すアンティーク色で
1950年代刺繍地ドレスの詳細はコチラ…
1960年代ハート柄模造真珠バッグの詳細はコチラ…





P8050018_512.jpg
小花柄でも、張りのある麻に浮かび上がるは油絵の如くこっくりとした花
グレージュにスミレ色の花々が”ボン・シック”なパリジェンヌ好みか・・・
格子のパンケーキ帽で小粋に如何? 花畑では猫が丸くなり一眠り
1950年代麻ドレスの詳細はコチラ…
アールデコポシェットの詳細はコチラ…




P8050015_512.jpg
藤に桔梗、うぐいす色… どこかおぼろな色使いが通には堪らない一枚
胸元のレース、その下で身体を包むひだ・・・ ロマンティックな要素に満ちて
ヴィクトリアン期を思わせるやふな柔和な佇まいには、紫でアクセントを
1970年代胸レースドレスの詳細はコチラ・・・




P8050032_320.jpg
P8050025_512.jpg
抽象画のやふに大胆にデフォルメされた花柄がエレガントの極み!
1950年代を代表する色:ターコイズ×茶に染められたシルクがパニエで花開く
良質な天然素材は虫食いやすく、傷あれど 見よこの後ろ姿の造形美!






初物の梨も頂き、日の落ちるのも徐々に早く感じられる盆間近、、、

夏の強い強い日差しが、果実を甘く 穂を黄金にするのであります

たわわに熟す季節が、そおっと近づく気配の堪らなくいとしいこと



「若い頃は、散り行く秋を好みました… 今は秋が切なく想われます」
ふと、病魔に立ち向かふ 晩年の中原潤一先生の言葉が思い出されます




パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ