ラヴ クレイジー! ~その壱~



先日、少し早めに店を閉めさせて頂き、中洲ジャズ二日目の夜を堪能しました


真珠夜會でもお馴染みの貴賓館前ステージでは、オールド上海ジャズバンドを・・・
李香蘭の持ち歌など、まるで戦前の上海の熱気を偲ばせるやふな情緒

ステージを移動し、同夜會にも出て頂いたSweet Hollywaiiansを・・・
凄腕の演奏技術での古いハワイアンナンバー、心は上海からハワイへ

最後は、暖かいお人柄伝わるバンバンバザールによるスウィングジャズ定番曲、
「No music, No life」とはどなたの言葉か、興奮冷めやらぬ中洲をあとにしました


 
◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆



世の中には、「No mode, No life」といふ方々もおられませふ・・・
寧ろ、音楽とモオドはかつて切っても切れないものでしたが、今はハテ如何に?・・・   


先だって、「ニットの女王」と呼ばれたソニア・リキエル女史逝去の報道を耳にしましたが、
トレードマークの赤毛ソバージュヘアと、いくつになってもダークなアイシャドウ・・・
最後はパーキンソン病と闘いつつも、巴里の女性らしい粋な毒っ気がチャーミングでした


Sonia_Rykiel_400.jpg


5_9ce0ab2d-4e83-42a0-bcde-58898b872919_400.jpg



vivienne_400.jpg


70年代のロンドンを体現した伝説のBIBAの創始者:バーバラ・フラニッキにしろ、
今だ現役、強烈なメッセージを世界に放つヴィヴィアン・ウェストウッドにしろ、
言わずもがな、我らが日本を代表する川久保玲女史にしろ・・・

一見奇想天外で、不機嫌そうでエキセントリックに見えるクチュリエたちは大概、
クレイジーと言えるほどの、深い信念を秘めて服を世に送り出してきました

そして何より、歴史に名を残すクチュリエ達は必ずや・・・ 
彼彼女ら自身がとてつもなくクールで、唯一無二の存在だといふことであります!



◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇



ブランド品は嫌いなのだとよく思われがちなのですが そうではありません


ブランドのロゴ等を、自らのハクや格を上げる為に着用するのを好まないのであって、

身を削りつ、日々洋服作りと向き合って世界を牽引していくクチュリエはいわば匠・・・
産みの苦しみを伴うという点では、芸術となんら変わりはありません

従って、彼ら彼女らの洋服を着こなす側にも それ相応の人生経験や気迫がないと、
完全に着られ負けてしまう・・・ そんな洋服が、今でもごく一部で作られ続けております 


死ぬ思いで産み落とされた洋服たちは「魂」が込められていると信じているので、
万人受けせずとも、必ずや次世代のヴィンテージとして受け継がれ遺っていくことでせふ



さて、次回・・・ 時代を経ても何か 作り手の強烈なる叫びが聴こえるやふな、
ちょっぴり“スキャンダル”で風変わりな 名もなきヴィンテージをご紹介致します


64f1f862d5cb361896f369f68e5c9009_512.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ