ドラスティックな世界


ジリジリと照りつける日差し、、、

嗚呼、手の届くそこまで夏はやってきております


◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆



年明けの春夏コレクシヨンで、興味深いニュースが目をひきました


「ウェディングドレスの女王」との異名を持ち、ターバン帽がトレードマーク・・・
と申せば 皆様お馴染みのデザイナー:桂由美さん でありますが、


「現代ファッションに友禅の美を」をテーマにパリコレを始めて6度目の今年、

テーマは な、な、ナント… 「若冲を着よう」!!

生誕300周年の昨年、未曽有のブームを呼んだ奇才:伊藤若冲から着想を得、
若冲作品を鑑賞するだけでなく、「着よう」と呼びかけることにしました、とのこと


1205-17_512.jpg


20091025180721847_512.jpg



”江戸奇才のひとり”と呼ばれ、近年急激に評価が高まった若冲・・・

「余白の美」や侘び・さび、といった日本の伝統的な美意識はどこへやら、
目一杯びっしりと描かれた猫や鶏図に度肝を抜かれた方も多いことでせふ


曼荼羅絵のやふに、毒々しくシュールな世界観は江戸に宇宙人が降り立ったやふ!

斬新な構図、緻密なのにどこか現実離れした画風は 時空を越え大衝撃を与えました



では、ドレスの女王が手がけた”若冲”は如何に・・・!?
お時間許す方は、大画面にてじっくりと ・・・めくるめく混沌世界をご覧下さい





いまや、正統派のウェディングデザイナーといった印象の強い桂由美さん・・・

和装で神前式が当然の1964年より、日本初のブライダルファッションデザイナーに、
その時点で 彼女も十分にトンだ感性や先見の明をお持ちだったのか否か


”ブライダルと言えば桂由美”、そんなバブル期を経、洋装結婚が一般化した今、、、
彼女は原点である日本の美を世界に広めようとしている・・・ 興味深い現象です



さて、今宵は 桂由美デザインを含む、ドラスティックなフォーマルドレスのご紹介


P4190007_512.jpg
朱赤のシャンタン地がモダン日本、桂由美によるフォーマルドレス
牡丹柄の総ビーズバッグは、どこか若冲画のダイナミックさを髣髴とさせて




P4190017_512.jpg
大胆な薔薇が衝撃的なドレスは、1950年代と80年代の時代の勢いを感じさせマス
柄のもつ力強さ、光沢を抑えることで生まれるエレガンスを堪能できるドレス!
赤花プリントドレスの詳細はコチラ・・・






思えば、ユミカツラの代名詞:ターバンはまさに かつての東洋趣味の象徴、、、


ドラスティック…  ”劇的な”世界を投影したかのやふな、

東洋と西洋、いにしえとハイテク現代が混在するカオスさが 「今」なのかもしれません


eb7137da6e3424c6c9a247cd699e95ae_512.jpg



パールHPへようこそ
Pearl


Pearl facebook
商品紹介などしております

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Pearlマダム&ムシュウ

Author:Pearlマダム&ムシュウ

福岡に御座います、フランス中心の
ヴィンテージ・アンティークショップ
Pearlのマダム&ムシュウによる
日々の戯れ言を綴った日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング・にほんブログ村へ